この記事を読んだ人におすすめの記事×

収納の基本…定位置を決める

ものの定位置を決めてしまえば、使うときもあちこち探すことが少なくなりますし、使った後も定位置に戻せばいいだけなので、整理された状態をキープしやすくなります。定位置を決めるためのポイントを、ぜひマスターしてください。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

今回は、収納の基本として、収納場所の定位置の決め方をご紹介します。 家の中のものを片付ける際、悩むことのひとつに「どこに何をしまっていいか分からない」というものがあります。 そんなときは、ものの定位置を決めてしまえば、使うときもあちこち探すことが少なくなりますし、使った後も定位置に戻せばいいだけなので、整理された状態をキープしやすくなります。 定位置を決めるためのポイントを、ぜひマスターしてください。

「その場所で何をするのか」を考える

まずはじめに、整理したい部屋・場所を決めます。 その場所で起きたさまざまな生活シーンを思い出しながら、「その場所で何をするのか」をリストアップしてみましょう。

「その場所で使うものはなにか」を考える

「その場所で何をするのか」をリストアップしたら、つぎに「その場所で使うものはなにか」「その場所になにがあったら便利なのか」を考えてみましょう。

「どれだけ必要か」を考える

その場所で使うものが決まったら、それがどれだけ必要かを吟味します。 スペースには限りがありますので、使えないものや使わなくなったものは、整理しましょう。

ワンポイントアイディア

●「固定概念を捨てて」考える

収納場所の定位置を考えるときに大事なのは、「固定概念を捨てて」考えることです。
雨の日の外出から帰ってきた時に、必要となるタオルは玄関に用意しておいた方がいいものです。
「タオルは玄関には置かないものだ」という固定概念を捨てて考えてみましょう。

その場所で何をする? 使うものは何?
靴を履く・脱ぐ
靴磨き
雨の日の外出
荷物の受け取り

本多弘美先生のプロフィール

収納アドバイザー。神奈川県出身。
1993年に専業主婦から収納アドバイザーに転身。
身近な物を利用した、生活に根ざした収納アイデアが好評。
現在、テレビや雑誌、講演などで大活躍中。

著書
『インテリア以前の収納・掃除の常識』(講談社)
『そうじ以前の整理収納の常識』(講談社)
『家事・収納アドバイザー本多弘美のラクラク収納術』(辰巳出版)
『パパっときれいすっきり!時短家事術』(だいわ文庫) 他多数
HP
あら?オール玉手箱
あら?オール収納箱

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      本多先生の毎日の収納新着

      本多先生の毎日の収納ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ