この記事を読んだ人におすすめの記事×

クローゼットの収納ポイント

衣替えの時にクローゼットの整理をしたのに、あっという間にギュウギュウ詰め、結局手前の服しか着ていない、なんてことはありませんか?クローゼットの収納法、しっかり見直してみましょう!。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

衣替えの時にクローゼットの整理をしたのに、あっという間にギュウギュウ詰め、結局手前の服しか着ていない、なんてことはありませんか? クローゼットの収納法、しっかり見直してみましょう!

裏側にも吊るせる仕掛けをプラス

オフシーズンの衣類などは、その裏側に注目してみて。 幅いっぱいに対応できる大型の伸縮棒を取り付けると、斜めに重ねながら洋服が吊るせます。 めったに着ないフォーマルウエアなどの収納場所にも最適です。

種類ごとに洗濯バサミで仕切りを入れると乱れにくい!

ハンガーパイプに服を吊るした時、「ジャケット」「ブラウス」「スカート」などのアイテムの境に、大きめの洗濯バサミなどをつけておくと、しまう時に定位置が見つけやすく「使っているうちにぐちゃぐちゃに…」が防止できます。

洋服下のデッドスペースを有効活用

洋服を吊るした下に中途半端なすき間が出たら、カゴを並べて有効活用できます。ハンカチや靴下など、引き出しでは深すぎる小物の収納スペースとして、利用すると便利です。

キャスター付き収納+なんでも箱が便利

キャスター付きチェストは、手前に引き出せば、奥にしまったものがすぐ取り出せるので便利です。奥には、シーズンオフのものや使用頻度の少ないものを収納してください。

チェストの上に余裕があれば、空き箱を置いて「なんでも箱」にしてみては?アイロンをかける前のエプロン、ハンカチなどが気軽にしまえます。たまったらアイロンがけ!

おしゃれ着はケースの幅に合わせてたたむ

おしゃれ着は小さくたたまずに、しまう引き出しの大きさに合わせて大きくたたむと、シワが少なくてすみます。2列3列と並べる時は、境にブックスタンドなどで仕切ると乱雑になりません。

浅いケースを選ぶと無理なくスッキリ収納

Tシャツなど薄手のものは、「いっぱい入るから」と深いケースを選ぶより、浅いケースがオススメ。たたんだサイズと、引き出しの深さがちょうどよいので、深いケースの場合よりスッキリ収納できます。

本多弘美先生のプロフィール

収納アドバイザー。神奈川県出身。
1993年に専業主婦から収納アドバイザーに転身。
身近な物を利用した、生活に根ざした収納アイデアが好評。
現在、テレビや雑誌、講演などで大活躍中。

著書
『インテリア以前の収納・掃除の常識』(講談社)
『そうじ以前の整理収納の常識』(講談社)
『家事・収納アドバイザー本多弘美のラクラク収納術』(辰巳出版)
『パパっときれいすっきり!時短家事術』(だいわ文庫) 他多数
HP
あら?オール玉手箱
あら?オール収納箱

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      本多先生の毎日の収納新着

      本多先生の毎日の収納ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ