この記事を読んだ人におすすめの記事×

モノの山積みから卒業!物置スペースを最大限活かす方法

物置スペースの広さに満足して、モノを山積みする習慣が身についてしまった5人家族のM家のお宅に訪問!果たして、広い空間を有効活用してモノを出し入れしやすいスペースに変身したのでしょうか?

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

モノの山積みから卒業!
物置スペースを最大限活かす方法

before
before画像

<M様のプロフィール>

住居形態:
一軒家
家族構成:
5人家族(お子さま3人)
困っている場所:
物置

物置スペースの広さに満足して、モノを山積みする習慣が身についてしまった5人家族のM家のお宅に訪問!
果たして、広い空間を有効活用してモノを出し入れしやすいスペースに変身したのでしょうか?

大原 友美 収納達人
大原 友美

M様のお悩み

物置にモノを溜めすぎて、どこに何があるかわかりにくく、モノも探しにくいです。
またモノをたくさん収納できるスペースがあるのに、空間をどう使っていいかわかりません。

お悩み解決スタート

まずは問題点からみていきましょう!

まずは問題点からみていきましょう!
収納達人の分析 問題点
  • ・どこに何があるかわからなくなるほど、モノを持ちすぎている。
  • ・広いスペースがあるのに、空間を上手に使えていない。
  • ・収納できる棚が何もないので、すべて床置きにされて、モノが積み上げ状態になっている。
大原 友美

問題を踏まえて、何がどこにあるかわかる収納にして、広いスペースを有効活用できるように考えていきます!

対策

  • 縦の空間と、大容量のモノをスッキリ収納するために、ラックを活用する。
  • 広いスペースを有効活用するために、カテゴリーごとにエリアを決めていく。
  • 小さいモノは、ケースを活用して出し入れしやすくする。
メタルラック MR-1218DJ

今回使うアイテムは・・・

空間を有効活用できて、大容量のモノを収納できる!
メタルラック MR-1218DJ

ナチュラルクローゼットキャリー N-550

すぐには使わないモノも、ホコリから守りながら収納できる!
ナチュラルクローゼットキャリー N-550

インナーボックス FIB-M33

小物をスッキリ収納!
インナーボックス FIB-M33

対策に基づいてどんなものを作るかシュミレーションします!

①いるモノ・いらないモノを分ける。

①いるモノ・いらないモノを分ける。

ポイント
  • 今回はモノが多かったので、いるモノ・いらないモノを分けた後、一旦すべてのモノを外に出して物置スペースの寸法を測りやすくしました。
②場所の寸法を測る。

②場所の寸法を測る。

収納したい場所の幅・奥行・高さを測ります。

ポイント
  • モノがたくさんある場合は、モノをどかした上で寸法を測ると、より正確な寸法になります。
③図を描いて全体を把握する。

③図を描いて全体を把握する。

方向性・イメージが固まったら、具体的な設計図を描きます。

ポイント
  • どこに何を収納するのか、図に描きこんでおくことでイメージがしやすく、どれくらいのモノを収納できるか把握しやすいです。

組み立てスタート

④パーツの確認をする。

④パーツの確認をする。

ポイント
  • 床を傷つけないように、梱包された段ボールを敷いた上で確認しましょう。
⑤部品はひとまとめにする。

⑤部品はひとまとめにする。

ポイント
  • 小さな部品は、ケースなどにまとめておくと散らかり防止になります。
⑥収納するモノの寸法を測り、棚板の高さを決める。

⑥収納するモノの寸法を測り、棚板の高さを決める。

ポイント
  • メタルラックの下段に実際に収納するスーツケースを置いて、棚板の高さを決めます。
⑦棚板の高さが決まったら、棚板を設置する。

⑦棚板の高さが決まったら、棚板を設置する。

ポイント
  • 組み立てる際も、床に傷かつかないように梱包されていた段ボールなどを敷くと良いでしょう。

  • 専用パーツで、棚板を固定します。
  • 専用パーツで、棚板を固定します。
⑧ポールを取り付ける。

⑧ポールを取り付ける。

ポイント
  • 背の高いメタルラックの場合は、棚板を設置したらポールを追加するという繰り返しで組み立てます。

モノの山積みから卒業!
物置スペースを最大限活かす方法

after「メタルラック」で収納量を倍増させる

「メタルラック」で収納量を倍増させる

「メタルラック」で収納量を倍増させる

実際に収納してみると・・・

実際に収納してみると・・・

\重たいものは下段に収納!エリアごとにスッキリ収納/

\重たいものは下段に収納!エリアごとにスッキリ収納/
  • \重たいものは下段に収納!エリアごとにスッキリ収納/

    ①日用品ストックの専用ラックにエリア分け。洗剤やトイレットペーパーなど取り出しやすい高さにそれぞれ収納!

  • \重たいものは下段に収納!エリアごとにスッキリ収納/

    ②ガスファンヒーターなどの重たいものは、棚板下に直置きしておくと耐荷重を気にすることなく収納できる。

  • \重たいものは下段に収納!エリアごとにスッキリ収納/

    ③ラックの下2段に防災グッズを収納。重たい水は一番下に収納して、いざというときにすぐに取り出せるように、出入口から一番近いエリアに。

\思い出の品や小物は、ボックスやケースを活用してラックにすっきり収納/

\デッドスペースのない有効活用された押入れ空間に/
  • \デッドスペースのない有効活用された押入れ空間に/

    インナーボックスに、子ども達の思い出の作品などを、ひとまとめに。

  • \デッドスペースのない有効活用された押入れ空間に/

    ②食器をバラバラに収納していたので、フタ付きのナチュラルクローゼットキャリーにひとまとめに。中に何が入っているかラベルも貼り付けておく!

ビフォーアフター
before画像
before
after画像
after

収納達人が教える!解決テクニック

大原 友美

広い空間のある物置などは、空間をどう使うかで収納量も変わってきます。
今回は、棚も何もない物置で、たくさんのモノを収納するためにメタルラックを活用したプランにしました。
モノをカテゴリーごとに分けてエリアごとに区切ったことで、どこに何があるか一目でわかる、出し入れしやすい収納に変身させています。

お客様の感想

「これだけ大きな倉庫があれば安心」と思って購入した、子供部屋のスペースにもなる物置。
しかし、収納を全然考えていなかったので、荷物を何でも放り込んで積み重ねてしまっているうちにとんでもないことに・・・!

素敵なプランを基に、作業が開始しましたがとんでもなく壮大なものとなりました。天井までしっかりと支える大型メタルラックは強度も十分で、一連でも二連でも使える優れものでした!
冬用のストーブが綺麗に収納された様子は感動です。全てが計算され尽くされていました!
メタルラックの間仕切りは自由なので、小物もかごに入られて綺麗に収納できます。

やっと取り出したい物がすぐに取り出せるようになりました。
大型ながらも変幻自在なメタルラックの良さが存分に生かされ、出来上がりに家族一同大満足です。

編集部より

物置は、ついついモノを入れがちになります。一度収納を決めたからそれで良しとするのではく、モノの見直しが定期的に必要です。

モノは、時間の経過とともに価値が変わります。ぜひ、モノの整理と、空間を最大限活用して、上手に生かしていってほしいです。

使用アイテム

  • メタルラックシリーズ

アドバイザープロフィール

大原 友美
大原 友美

整理収納アドバイザー1級。親・子の片づけマスターインストラクター。Smart Life Style 主宰。
愛知県・岐阜県などの東海地区を中心に整理収納のセミナー・講座、個別宅訪問で「整理収納サービス」など活動中。自身が片づけが苦手だったこと、3人の子育て中という経験を活かして、苦手な方でも片づけていけれるようにご提案しています。企業、自治体、PTA講座など幅広く活動中。

ウェブサイト

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      新着コンテンツ

      アクセスランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ