この記事を読んだ人におすすめの記事×

人を招きたくなる玄関とリビングに変身

今回はリビングと玄関のお悩み場所を一気に解決します!H様のお宅は、リビングにも玄関にも収納スペースがあるものの、その分モノが増えて活用できていないようでした。果たして、お客さまを招きたくなる、スッキリ快適なスペースに変身するでしょうか?

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

人を招きたくなる玄関とリビングに変身

before
before画像

<H様のプロフィール>

住居形態:
マンション
家族構成:
2人家族
困っている場所:

リビングと玄関

今回はリビングと玄関のお悩み場所を一気に解決します!H様のお宅は、リビングにも玄関にも収納スペースがあるものの、その分モノが増えて活用できていないようでした。果たして、お客さまを招きたくなる、スッキリ快適なスペースに変身するでしょうか?

石村祐子 収納達人
石村祐子

H様のお悩み

玄関に置いているスチール棚の安定が悪くて処分を考えていますが、処分した後そのスペースをどう活用したらいいか分かりません。玄関とリビングは、お客さまを招いた時に必ず目にする場所なので、落ち着いた雰囲気にしたいです。

お悩み解決スタート

まずは問題点からみていきましょう!

~玄関~

まずは問題点からみていきましょう!

~リビング~

まずは問題点からみていきましょう!
収納達人の分析 問題点
  • ・玄関から入ってすぐの場所に背の高いスチール棚が置いてあるので、圧迫感を与えてしまう。
  • ・リビングの木製棚はオープン収納のため、整頓されていないと乱雑に見えてしまう。
  • ・上手に小物ケースを使用しないと、無駄なスペースになってしまう。
石村祐子さん

問題を踏まえてスチール棚を処分しても収納スペースを確保できる、落ち着いた雰囲気の玄関&リビングに叶えられるように考えていきます!

対策

  • これまでリビングで使用していた木製棚を玄関に移動して、玄関のスチール棚を処分する。
  • 扉付きのスタックボックスを使用することで、ごちゃつきを隠す。
  • 棚を同じシリーズで合わせて、色味を抑え部屋全体に統一感を出す。
スタックボックス扉付き

今回使うアイテムは・・・

扉を閉めれば生活感が抑えられる
スタックボックス扉付き

スタックボックス引き出し

書類や文房具なども使い勝手良く収納できる
スタックボックス引き出し

ファブリックボックス

細かいモノは小分けにしてスッキリ収納
ファブリックボックス

対策に基づいてどんなものを作るかシュミレーションします!

収納する場所の寸法を測る。

①場所の寸法を測る。

収納したい場所の幅・奥行・高さを測ります。

ポイント
  • 木製棚の上部にスタックボックスを置くことが可能なのか、寸法を測定します。万一の地震に備えて、スタックボックス下に転倒防止粘着マットを付けて固定します。
図を書いて全体を把握する

②図を描いて全体を把握する。

方向性・イメージが固まったら、具体的な設計図を描きます。

ポイント
  • 図を描くことで、ボックスの配置などバランスを具体的にイメージできます。

組み立てスタート

③パーツの確認をする。

③パーツの確認をする。

ポイント
  • パーツは取扱説明書通りに並べることをお勧めします。どのパーツや部品のことを言っているのかが一目瞭然!スムーズに進めることができます。
③パーツの確認をする。
ポイント
  • 細かい部品は、写真のように種類毎にビニール袋にまとめて入っています。中身を確認しましょう。
④ビニール袋はハサミで開封する。

④ビニール袋はハサミで開封する。

ポイント
  • ビニール袋を手で開けようとすると、意外と開けにくく時間がかかることも。ハサミで開封するととてもスムーズ!時短になります。
⑤垂直に組み合わせる。

⑤垂直に組み合わせる。

ポイント
  • 梱包されていた段ボールを敷いた上にパーツを並べて、床にキズがつかないようにします。完成が近づくにつれて重さが増すので、厚みがあるものがおすすめ。
⑥連結ピンでスタックボックスを固定する。

⑥連結ピンでスタックボックスを固定する。

ポイント
  • 連結ピンを使用することで、ボックスを3段まで重ねることができます。下段の側板の穴に差し込んだ連結ピン(4か所)を、底板の穴に合わせはめ込みます。その際、手を挟まないよう十分気を付けましょう。

人を招きたくなる玄関とリビングに変身

after 元々持っているラックを有効活用モノ量を把握しやすい玄関&リビングスペースに

元々持っているラックを有効活用
モノ量を把握しやすい玄関&リビングスペースに

元々持っているラックを有効活用モノ量を把握しやすい玄関&リビングスペースに

実際に収納してみると・・・

実際に収納してみると・・・

\圧迫感のない玄関スペースに/

作業効率UP!

使用頻度の低い靴は、扉付きのスタックボックスに収納。ホコリも防ぎ省スペースに。使用頻度の高い靴は、ラック内に出して収納。

\扉付きのボックスでスッキリ&くつろぎスペースに/

\扉付きのボックスでスッキリ&くつろぎスペースに/
  • ②デスク周りの小物をスッキリ収まる

    ①毎朝使用する化粧道具は、あえてオープンのスタックボックスに収納。必要なモノがワンアクション取れるので便利です。 またファブリックボックスごと移動してもOK!忙しい朝でもストレスなく準備ができます。

  • ②デスク周りの小物をスッキリ収まる

    ②床や椅子の上に置きっぱなしになることの多いカバンは、定位置を決めるだけで片づける習慣が身に付きます。

ビフォーアフター
before画像
before
after画像
after

収納達人が教える!解決テクニック

石村祐子さん

収納スペースは広ければ広いほど良いわけではなく、スペースがあることでモノが増え、必要のないモノで埋まってしまう傾向があります。 今回、玄関で使用していたスチール棚より一回り以上小さい棚をリビングから移動し使用することにしましたが、整理しながら収納することで、問題なく収めることができました。 片付けても、すぐにモノであふれてしまうとお悩みの方は、スタックボックスのように、スペースに制限を設けるのも一つの手かもしれません。 扉付きのスタックボックスは開閉しにくくなったらモノの量が多いサイン。出し入れやすいよう容量には気を付けましょう。

お客様の感想

スタックボックスは落ち着いた色合い且つデザイン性があるので、おしゃれな雰囲気の部屋になって気に入っています。
大きい家具だと無駄なスペースができて、ついついモノを詰め込み散らかる原因でしたが、モノを詰め込み過ぎない決められたコンパクトサイズなので、必要なモノだけを収納できて無駄がない=散らかりにくくて嬉しいです!
また高さがあるので、バッグやスプレーなど比較的高さがあるものもすっぽり入って助かります。
引き出しタイプや扉付きタイプなどシリーズで組み合わせられるので、収納したいモノに合わせて選べれるところもポイントです。
以前使っていた家具と比べて収納力は上がったのに、高さや大きさがコンパクトになったので部屋がすっきり広く見えるようになりました。

編集部より

温かみのある木製のスタックボックスは、リビングなど寛ぎの空間にとてもマッチします。今お持ちの家具との相性を考慮し、使用するスタックボックスのカラーを選択すると、部屋全体がまとまり落ち着いた雰囲気になりますよ。

使用アイテム

アドバイザープロフィール

石村 祐子
石村 祐子

整理収納アドバイザー1級。
現在、12歳の年の差 姉弟の子育て中。片づけに追われない、片づけやすいお部屋作りをモットーに、住む人の気持ちを大切にしたアドバイスを心がけています。保育士の経験を生かし、お子さまをはじめ、ご家族がムリなく片付けができる環境づくりを目指します。

ウェブサイト

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      収納達人が教え...新着

      収納達人が教え...ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ