この記事を読んだ人におすすめの記事×

あなたにぴったりの間取りとインテリア・家電を選ぼう!

一人暮らしって、1R?1LDKがいいの?と悩んでいませんか?そもそも、読み方や意味がわからないですよね。そこで、一人暮らしにぴったりの間取り紹介から、失敗しないインテリア&家電用品の選び方をご紹介します。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

一人暮らしの初心者さんもベテランさんも、お部屋探しはワクワク&ドキドキしますよね。
間取り、立地条件、家賃、築年数など、お部屋選びの条件はさまざま。
インテリアの基盤となる「間取り」に合わせて、インテリア&家電用品を揃えておくこともポイントです。
そこで今回はインテリアの基盤となる「間取り」と、失敗しないインテリア・家電用品の見つけ方についてご紹介します。

間取り表記の読み方

間取り表記の読み方

一人暮らしのインテリアを満喫するためには、まずはあなたにピッタリの「間取り」を見つけることが大切です!
それでは、間取りの読み方についてご紹介します。

1LDKとは?

1LDKとは?
1LDKとは?

頭につく数字はベッドルームの数になります。その後に続くアルファベッドはそれ以外のお部屋のタイプを表しています。間取り図のように、1つのベッドルーム・リビング・ダイニング・キッチンがある場合は、1LDKとなります。ダイニングテーブルを置ける程のスペースがない場合は、DK(ダイニングキッチン)と表記されます。

多くはないですが、「1SLDK」など「S」がつく間取りがあります。これは、サービスルームや収納スペース(storege)という意味で、ベッドルームとしては使えない小さなお部屋や納戸がある場合に、「S」がついています。

1Rとは?

1Rとは?
1Rとは?

玄関からキッチンまで全て1部屋でつながっている間取りを、「ワンルーム」といって「1R」と表記されます。一人暮らし用の、もっともコンパクトな基本的な間取りです。

メゾネット/テラスハウスとは?

メゾネット/テラスハウスとは?

部屋数には関わらず、横並びの一戸一戸のお部屋に階段があり、上下2層に分かれている集合住宅を、「メゾネット/テラスハウス」といいます。
ファミリー用としてはもちろん、二人暮らしや一人暮らしの方にも人気です。

 

最適なお部屋の選び方

ライフスタイルに合わせた間取り

ライフスタイルに合わせた間取り

では、どんな間取りが自分のライフスタイルにあった間取りなのでしょうか?
実際に一人暮らしを始めたときに、自分がどんな生活を送るのか想像しながら考えていきましょう!

1Rもしくは1LDKのどちらの間取りが、あなたにぴったり合うでしょうか?
下記でチェックしてみましょう。

  • ベッドに入ってテレビを見たり、全ての行動を1つの部屋でしたい
  • カーテンや冷暖房器具にお金をかけたくない
  • 常にペットの安全を確認できる部屋がいい
やじるし

というあなたは・・・1Rがおすすめ

  • 衣食住のスペースをはっきり分けたい
  • お友達を呼ぶので、プライベートなベッドルームは別にしたい
  • 部屋別のインテリアを楽しみたい
やじるし

というあなたは・・・1LDKがおすすめ

ちょっと待って!「広いお部屋=良いお部屋」?

ちょっと待って!「広いお部屋=良いお部屋」?

「ちょっと家賃が高くても、部屋がたくさんあって広い方がいいなぁ。」と、なんとなく思っている方も多いはず。
もちろん、広いお部屋なら空間をたくさん使えて、ゆとりがあるので快適です。
しかし!部屋数が多いと、デメリットがあることもお忘れなく…

【 デメリット 】

  • カーテンや照明、冷暖房の必要数が増えて出費が多くなる
  • お部屋を暖めたり、涼しくするのに時間がかかる
  • 毎日のお掃除が大変…などなど

どれも気にならなければいいのですが、広いお部屋の快適さと、それに伴う出費や労力のバランスを考えてお部屋探しをしてみましょう。

今ある家具・家電を中心に考えて!

今ある家具・家電を中心に考えて!

今ある家具や家電を引越し先でも使えるなら、出費は少なく済みます。
その場合は、家具や家電のタイプと間取りの関係を注意して考えてみましょう!

たとえば・・・冷蔵庫の場合ポイントは「トビラ」にあり

今ある家具・家電を中心に考えて!

冷蔵庫をどこにどう置くかは、キッチンの間取りで、ほとんど決まります。
冷蔵庫のトビラが左右どちらから開くタイプか事前に把握をしておきましょう。また、引越し先で使う家具や家電がある程度決まっている場合には、実際に配置した場合のこともイメージして物件を選びましょう。

この物件は何点!? チェックポイントシート

物件をチェックする際に、確認しておきたいポイントをしっかりチェックしましょう!下記のチェックシートを使えば物件ごとの情報を把握しやすく、「こんなハズじゃなかった・・・」といった後悔を防ぐことができますよ。
実践してみましょう!

ダウンロードはこちら

チェックポイントシート

じっくりこだわれば、「自分だけの快適空間」をきっと実現できます!理想のお部屋で快適な暮らしをするためには、物件探しがもっとも大切なポイントです!
じっくり時間をかけて選んでくださいね☆

インテリア・家具用品の選び方

インテリア・家具用品の選び方

慌てて家具や家電を揃えると、「焦って選んで後悔した…」「ライフスタイルに合わなかった…」なんてことにもなりかねませんね。新しいお家で落ち着いた生活をすぐに始めるためには、引越しする時に、ある程度必要なものを揃えておくことがポイントです。

そこで!今回は、引越しする時に揃えておきたいインテリアや家電についてご紹介!
「まず何を揃えればいいの?」 「一人暮らしにはどんなものが 合っているの?」という疑問をここで解決しちゃいましょう♪

カーテン

カーテン

コレがないと生活がはじまらない!プライベートな空間を守るため、カーテンを取り付けましょう。

一人暮らしの場合、特に防犯には気をつけたいもの。カーテンなら、遮光機能は必須です。お部屋が狭く、お部屋全体をすっきり見せたい!という方は、ノンプリーツのカーテンやブラインドもおすすめ!どのタイプのカーテンを取り付けるにも、カーテンレールの種類や長さをしっかりチェックしておきましょう!アパートの内覧時や引越し前に調べておけば、取り付けがスムーズです。

おすすめ商品

コーティングドレープカーテン
コーティングドレープカーテン
日差しをしっかりと遮る完全遮光カーテン。朝までぐっすりと眠りたい人におすすめです。
詳しくはこちら

ベッド・寝具

ベッド・寝具

快適な生活は、快適な睡眠から!まずは、ちゃんとした「寝床」を確保しましょう。お部屋が狭く、スペースを有効活用したい!という方は、ソファとベッドが一緒になったアイテムがおすすめ。

おすすめ商品

テレビ台

テレビ台

テレビの周りにはレコーダー機器、ゲーム機、配線コードなど、収納するものがたくさんありますよね。また取扱説明書もテレビ台に一緒に収納しておけば、困った時もすぐに取り出せるので安心です。収納力のあるテレビ台を使って、周辺機器などをすっきり収納しましょう。

小型から大型まで様々なタイプのテレビ台がありますが、お部屋が狭い方は、コーナータイプのテレビ台を使用すれば、対角線でお部屋を広く使えるのでおすすめですよ。

おすすめ商品

テーブル

テーブル

一人暮らしのお部屋にダイニングテーブルとチェアを置くと、場所をとってしまいますね。お部屋が狭い方は、圧迫感のないローテーブルを使いましょう。また丸テーブルよりも、四角いテーブルの方がスペースを有効に使えます。もちろん、脚が折りたためるタイプもおすすめです。

一人暮らしなら家具選びも自由!ちょっとデザイン性のあるものに挑戦してもいいかもしれませんね。

おすすめ商品

チェスト

チェスト

一人暮らしのお部屋は、収納スペースが少なく衣類のしまう場所がない!と思う方もいるはず。そんなときチェストが1台あれば、洋服はもちろんタオルや日用品のストック品まで収納できるので、一人暮らしのお部屋で大活躍!選ぶポイントは、組み立てる作業が必要なのか、インテリアに馴染むかなどの視点から見ていくことをおすすめします。

またクローゼットのない方は、メタルラックやハンガーラックを使って、シワの寄りにくい収納にしましょう。

おすすめ商品

ラグ・カーペット

ラグ・カーペット

自分の「居場所」を確保するために必要なのが「座る場所」です。
ラグやカーペットなどを敷いて「座る場所」を作ることで、落ち着いた空間になります。アパートやマンションなどでは、ラグやカーペットを敷くことで、足音などの騒音対策としても効果的です。

カラーはベージュやブラウンが無難ですが、お部屋のテーマカラーに合わせてラグやカーペットの色を決めましょう。

ラグやカーペットを使用しない方でも、フロアクッションや座布団を置くだけでも過ごしやすくなりますよ。

おすすめ商品

ごみ箱/分別式ごみ箱

ごみ箱/分別式ごみ箱

意外と忘れがちなのがゴミ箱。
引っ越したばかりの時期は、どんどん新しい生活用品などを購入するので、普段の生活以上にゴミが出てしまいます。お部屋の中でゴミ袋がそのまま出ていると、落ち着いた空間づくりができません。デザイン性の高いものもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

おすすめ商品

家電用品の選び方

掃除機

掃除機

引っ越したその日からチリやホコリは出てしまうもの。
掃除機は、引越し時には揃えておきたいアイテムです。

大きな掃除機ではお部屋の中で場所をとってしまいます。お部屋の狭い方は掃除する面積も少ないので、省スペースのスティックタイプの細身の掃除機がおすすめです。また、紙パック不要のサイクロンタイプだと、紙パックを取り付けたり購入したりする手間が省けます。

おすすめ商品

照明

照明

照明器具についても、引越し先にはじめから設置されている場合があります。新たに購入する場合には、お部屋の広さや照明器具の取り付け口を確認しましょう。

デザイン性のあるランプシェードを選ぶも良し、シンプルなデザインの照明を選ぶも良し、間接照明でムーディーな空間を演出するも良し。照明選びは、お部屋づくりの鍵になります。部屋全体を彩るので、白色や昼光色、昼白色、電球色など、電球の色にも注目して選んでみてください。

LED電球なら、電気代がぐっと抑えられ、経済的にも環境を考えた上でもおすすめです。最近では、様々なタイプのLED電球が発売されているので、お部屋に合わせてお選びいただけます。

おすすめ商品

テレビ

テレビ

最近のテレビは、DVDやブルーレイレコーダーが一体化になっているものや、インターネットを接続してパソコンの役割を代用できるものなどもあります。

一人暮らしのお部屋はとにかく「省スペース化」がポイント!
1台で2役の働きをするものもオススメです。

電子レンジ

電子レンジ

すぐに食事を作るのにあると便利な電子レンジ!
調理メニューが豊富なものや、機能がたくさん付いているものなどありますが、実際使うのはシンプルな「あたため機能」だけという方も多いと思います。キッチンが狭い一人暮らしなら、シンプルでコンパクトなタイプの電子レンジがおすすめです。

!【注意】日本の場合、西日本と東日本で電力会社から送られる電力の周波数が違うので、それぞれの地域に合わせた家電製品が販売されています。通常、お住まいの地域の電圧に合わせた商品しか売られていません。引越し先の電圧に注意しましょう。通販などで電子レンジを購入する場合は、東日本用・西日本用を確認してから購入しましょう。

おすすめ商品

炊飯器

炊飯器

炊飯器も引越し時に用意しておくことをおすすめします。調理器具が揃っていない時期は、お米を炊くだけでも食費を抑えることができます。
一人暮らしの場合、最大3合まで炊けるコンパクトなものでも十分です。ただし、3合を2回炊くよりは、6合を1回で炊いたほうが電気代は抑えられますので、たくさんお友達を呼んで食事を振舞う機会の多い方は、5~6合炊きを選んでもよいかもしれません。

おすすめ商品

洗濯機

洗濯機

まずはじめにチェックしなければならないのが、引越し先に洗濯機置き場があるかどうか。
一人暮らし向けの賃貸では、洗濯機置き場がないところや、玄関やベランダに置かなければならないという場合もあるので注意しましょう。
その際、洗濯機のサイズや種類は、自分の生活や好みに合わせて選ぶことがポイント。

一人暮らし向きの洗濯機は、4~5Lが主流です。洗濯の頻度や量を考えて選びましょう。

おすすめ商品

冷蔵庫

冷蔵庫

冷蔵庫は、自炊をするか、しないかによってサイズや機能が大きく変わります。冷凍室と冷蔵室がある2ドアタイプが主流です。自炊をする方は、週に何回買い物をするのか、作り置きをするのか、など考えながら選びましょう。

自炊をしない人も、ペットボトルや冷凍食品などを買い置きすることも考えられますので、ある程度容量が必要になるでしょう。

おすすめ商品

ノンフロン冷凍冷蔵庫
ノンフロン冷凍冷蔵庫
ひとり暮らしや2台目に最適なコンパクトサイズの2ドア冷凍・冷蔵庫です。庫内灯、温度調節つまみ付き。
詳しくはこちら

冷暖房器具

冷暖房器具

お部屋の数・広さに合わせて、適する冷暖房器具を選びましょう。特に暖房器具の場合、エアコン、ストーブ、ファンヒーター、ホットカーペットなど様々な種類があります。それぞれ、お部屋が暖まるスピードや暖まり方に特徴がありますので、購入前にはしっかり比較検討することがポイントです。

また、冷暖房機器は、引越し先に初めから設置されていることもあるので、引越し前に確認しておきましょう。

おすすめ商品

いかがでしたか?こうしてみると、最初に揃えておきたい家具・家電はたくさんありますね。
気を付けなくてはいけないのは、お部屋の間取りや仕様をきちんと確認してから必要なものを購入すること。曖昧な情報や見た目だけで選んでしまうと、せっかく購入したのに使用できない…なんてことにもなりかねません。
快適な一人暮らしができるよう、お部屋やライフスタイルに合った家具・家電を揃えましょう。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      新着コンテンツ

      アクセスランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ