この記事を読んだ人におすすめの記事×

子どもの着たい服がひと目で見つかる!ウォークインクローゼット

今回は、ウォークインクローゼットを上手く使いこなせていないとお悩みのY様のお宅に訪問!お子さん1人では、服を探すことができないそうです。果たして、お悩みをスッキリ解決できるのでしょうか?

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

子どもの着たい服がひと目で見つかる!
ウォークインクローゼット

before
before画像

<Y様のプロフィール>

住居形態:
一軒家
家族構成:
4人家族(お子さま2人)
困っている場所:
ウォークインクローゼット

今回は、ウォークインクローゼットを上手く使いこなせていないとお悩みのY様のお宅に訪問!ウォークインクローゼット内での収納がわかりにくいため、お子さん1人では服を探すことができないそうです。果たして、お悩みをスッキリ解決できるのでしょうか?

石原沙耶香 収納達人
石原沙耶香

Y様のお悩み

両サイドにウォークインクローゼットがあり、姉妹それぞれの服などを収納しています。服以外にもいろいろなモノを収納しているので、子どもの衣類のみを収納するスペースにしたいです。収納スペースは十分あっても、子ども2人が立つと狭くて、服選びのときには背中合わせにぶつかってしまうこともあります。またウォークインクローゼット内での収納がわかりにくく、子ども1人では着たい服を自分で探すことができないので、1人で探せるようにしたいです。

お悩み解決スタート

まずは問題点からみていきましょう!

まずは問題点からみていきましょう!
収納達人の分析 問題点
  • ・子どもの衣類以外にも、いらないモノなどが雑多に収納されている。
  • ・引き出しケースは狭いスペースには不向きなので、背中合わせにぶつかってしまう。
  • ・どこに何があるか把握できないので、お子さん1人で着たい服を探しにくい。
石原沙耶香さん

問題を踏まえてモノの整理をして、お子さまが着たい服をスムーズに探せる空間を考えていきます!

対策

  • オンシーズン・オフシーズの衣類を、カテゴリーごとにまとめる。
  • 奥行の浅い収納アイテムを選ぶ。
  • 着たい洋服が一目瞭然になるようにオープンタイプのアイテムを使う。
カラーボックス

今回使うアイテムは・・・

小物収納はもちろん、衣類収納にもおすすめです!
カラーボックス

カラーボックス用 引出し

小物などもコンパクトに収納できます。
カラーボックス用 引出し

ファブリックボックス フタ付

フタ付きなので、ホコリもを防ぐことができます。
ファブリックボックス フタ付

※ 販売終了しています。

対策に基づいてどんなものを作るかシュミレーションします!

収納する場所の寸法を測る。

①場所の寸法を測る。

  • 収納したい場所の幅・奥行・高さを測ります。
図を描いて全体を把握する

②図を描いて全体を把握する。

方向性・イメージが固まったら、具体的な設計図を書きます。

ポイント
  • どこに何を収納するのか、書き込みましょう。作業がスムーズになります。

組み立てスタート

③パーツを並べる。

③パーツを並べる。

ポイント
  • 床にキズがつかないように、ダンボールを敷きます。
④カラーボックスのレールボードを取り付ける。

④カラーボックスのレールボードを取り付ける。

ポイント
  • レールボードは引き出しを取り付けるためのボードになるので、ずれないよう固めにネジをしめましょう。
⑤カラーボックス引き出し2段を取り付ける。

⑤カラーボックス引き出し2段を取り付ける。

ポイント
  • 付属のボンドを使って、しっかり固定しましょう。

子どもの着たい服がひと目で見つかる!
ウォークインクローゼット

after 収納スペースが倍増!生活感を抑えたダイニングスペースに

着たい服が3秒で見つかる!
子ども1人でもラクラクお片づけ

着たい服が3秒で見つかる!子ども1人でもラクラクお片づけ

実際に収納してみると・・・

実際に収納してみると・・・

カテゴリー分けをして使い勝手◎

カテゴリー分けをして使い勝手◎
  • カテゴリー分けをして使い勝手◎

    ①服をお店のようにディスプレイ。カラーボックスに収納してひと目でわかる収納に。

  • カテゴリー分けをして使い勝手◎

    ②習い事で使う服はコットンボックスに収納。カテゴライズしておくと、取り出しやすくしまいやすい収納に。

  • カテゴリー分けをして使い勝手◎

    ③ハンカチやタオルなどの、小さいモノはカラーボックスの引き出しにたたんで収納。

ビフォーアフター
before画像
before
after画像
after

収納達人が教える!解決テクニック

石原沙耶香さん

組み立てと設置が簡単なカラーボックスが、お子さんにオススメ。カラーボックスは重たいぶん、作りが丈夫です。カラーバリエーションが豊かなので自分に合ったモノが見つかりますよ。下段にはカラーボックス用の引き出しやボックスを使うことで、ホコリの心配ゼロ。カテゴリーごとに細かく分けて収納できるので、お子さまひとりでも簡単に片づけることができます。

お客様の感想

家を建てるときに設けた広いウォークインクローゼットのスペースと、長い間愛用していた収納ケースを上手く活用できていませんでした。そしてウォークインクローゼットには、衣類以外のモノをどんどん置いてしまい、気が付けば子どもたちが自分の洋服を管理できずに毎朝のコーディネートにイライラ。「ママ~!あれはどこ?体操服は?」の声が飛び交っていました。
カラーボックスを使って服を見せる収納は、まるでショップのディスプレイのようで何があるか一目でわかるようになりました。またカラーボックスに引き出しをつけることで、靴下等の小さなものをまとめて選びやすくなりました。収納ケースの上にできていたデッドスペースも改善!
クローゼットの手前にはオンシーズン物、奥にはオフシーズン物と分けられており、衣替えもラクラクです!

編集部より

今回の組み立ては、カラーボックスと専用の引き出しのみなので、女性ひとりでも簡単に作業できます。
いつも着る服は、ひと目で見てわかる収納に。ハンカチや靴下等の細かいものは、引き出しを使った分ける収納に。用途に合わせて収納することで、モノが散らかりにくくなります。
Y様のお子さんは、今ではウォークインクローゼットスペースを喜び、帽子やファッション誌等を飾ってくれるようになったそうです。自分の好きな空間になれば、自ら進んで片づけをするようになりますよ!

使用アイテム※アイリスプラザに移動します。

  • カラーボックス
  • メタルラック

アドバイザープロフィール

石原 沙耶香
石原 沙耶香

整理収納アドバイザー。ルームスタイリスト2級。TCマスターカラーセラピスト。
大阪・北摂など関西を中心に整理収納のセミナーや出張セミナー、お片づけ訪問などで活躍中。2児の育児を通して学んだことを活かして、子ども向けのお片づけ方法やお子さんの自立に向けてのお手伝いの情報を発信しています。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      新着コンテンツ

      アクセスランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ