この記事を読んだ人におすすめの記事×

落ち着いた空間&片づけらくらく収納方法

今回は、謀事務所の休憩室に訪問!休憩室は多くの人が出入りする場所なのでモノが集まりやすく、雑然とした雰囲気で、心も身体も休まらないそうです。どんな休憩室にしたいのか、詳しく聞いてみましょう。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

落ち着いた空間&片づけらくらく収納方法

before
before画像

<N社のプロフィール>

施設形態:
事務所
社員数:
58名
困っている場所:
休憩室

今回は、謀事務所の休憩室に訪問!休憩室は多くの人が出入りする場所なのでモノが集まりやすく、雑然とした雰囲気で、心も身体も休まらないそうです。どんな休憩室にしたいのか、詳しく聞いてみましょう。

石村祐子収納達人
石村祐子

N社のスタッフのお悩み

スタッフが休憩する部屋なので、落ち着いた雰囲気にしたいです。そしてモノが多く、片付けてもすぐにモノが溢れてしまうのも何とかしたいです。

お悩み解決スタート

まずは問題点からみていきましょう!

まずは問題点からみていきましょう!
収納達人の分析 問題点
  • ・収納ケースとモノの量・サイズが適していないので、モノが入りきらず雑多に見えてしまう。
  • ・モノを色々な種類のケースや箱に収納しているので、統一感がなく落ち着いた雰囲気にならない。
石村祐子

問題を踏まえて心も身体も休まる落ち着いた空間、片づけを楽にきちんと収納できる仕組みを考えていきます!

対策

  • 収納するモノ・場所の寸法を測り、サイズとモノの量に適したアイテムを使う。
  • 扉付きのボックスを使って、中身を見せずスッキリさせる。
  • 落ち着いた空間にするために、木材の収納アイテムで統一する。
スタックボックス 扉付き

今回使うアイテムは・・・

扉を閉めれば雑多な雰囲気もなくなる!
スタックボックス 扉付き

スタックボックス引き出し

文房具など細かいモノも使い勝手良く収納できる!
スタックボックス引き出し

インナーボックス

カテゴリーごとに書類を分類して収納!
インナーボックス

対策に基づいてどんなものを作るかシュミレーションします!

①場所の寸法を測る。

①場所の寸法を測る。

収納したい場所の幅・奥行・高さを測ります。

ポイント
  • 今回は作り付けの棚にスタックボックスを使うため、棚板の厚み・耐荷重も要チェック。
②図を描いて全体を把握する。

②図を描いて全体を把握する。

方向性・イメージが固まったら、スペースや収納するものの採寸をし、具体的な設計図を描きます。

ポイント
  • 設計図を描くとで、“落ち着いた雰囲気”にするための配置イメージがつかめます。

組み立てスタート

③ねじで固定する。

③ねじで固定する。

天板と側面板をねじで垂直に固定します。

ポイント
  • 板同士が固定しにくいときは、あらかじめ側面板か天板にねじ跡をつけておくと、楽に固定できます。
④扉受けゴムシールを貼り付ける

④扉受けゴムシールを貼り付ける

ポイント
  • 扉を開け閉めする際、クッションになるパーツです。扉の縁ぎりぎりに貼り付けてください。

落ち着いた空間&片づけらくらく収納方法

after 収納スペースが倍増!生活感を抑えたダイニングスペースに

ホッと一息できる空間に!
モノの定位置を決めて片づけラクラク

ホッと一息できる空間に!モノの定位置を決めて片づけラクラク

実際に収納してみると・・・

実際に収納してみると・・・

見た目スッキリで片づけらくらく

見た目スッキリで片づけらくらく
  • 見た目スッキリで片づけらくらく

    ①ファイルや書類は、インナーボックスに立てて収納。出し入れしやすく、見た目もすっきり収まる。

  • 見た目スッキリで片づけらくらく

    ②使用頻度の高いペンやサイズの大きい文房具は、スタックボックスオープンタイプに収納。すぐに取り出せるので便利。またペンやはさみなどは、ペン立てを使ってスッキリ整頓。

  • 見た目スッキリで片づけらくらく

    ③文具類のストックは、スタックボックス引き出し収納がおすすめ。一目で見渡せるよう、なるべく重ならないように収納するのがポイント。

ビフォーアフター
before画像
before
after画像
after

収納達人が教える!解決テクニック

石村祐子

今回は、作り付けの収納棚内にスタックボックスコーナーを設けました。棚板の耐荷重は問題ないものの、棚板にかかる負担を軽くするため、右棚の最下段は棚板を外しスタックボックスを2つ連結させています。
多くの人が使用する場所なので、他の種類のモノが混ざらないよう、整頓よりも区別を意識して収納しました。

お客様の感想

今までは、持ち合わせのボックスに収納していたので、見た目がバラバラで雑多な雰囲気でした。スタックボックスを使ったことで、部屋全体が落ち着いた雰囲気に変わり、本来の“休憩室”になりました。
また休憩室に多くのスタッフが利用しても、収納するモノの場所を明確に決めておくことで、モノで溢れてしまうことがなくなりました。

編集部より

スタックボックスは、ブラウン・ナチュラル・ホワイトと3色揃えています。今回のように、作り付けの棚に収納する場合は、色を合わせることで統一感がでますよ!またボックス同士も同系統の色やシリーズで揃えることもポイントです。

色の組み合わせによって、お部屋の印象も変化するので、どんなお部屋にしたいのかイメージを膨らませながら、カラー決め・収納選びを楽しんでみてくださいね。

使用アイテム ※アイリスプラザに移動します。

アドバイザープロフィール

石村 祐子
石村 祐子

整理収納アドバイザー1級。
現在、12歳の年の差 姉弟の子育て中。片づけに追われない、片づけやすいお部屋作りをモットーに、住む人の気持ちを大切にしたアドバイスを心がけています。保育士の経験を生かし、お子さまをはじめ、ご家族がムリなく片付けができる環境づくりを目指します。

ウェブサイト

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      新着コンテンツ

      アクセスランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ