この記事を読んだ人におすすめの記事×

バッグが型崩れしないタンス上収納

今回はタンス上の収納の悩みを解決!バッグの型崩れと使い勝手が良くない・・・とお悩みのI様。いずれ引越す可能性もあり、収納スペースは増やしたいけれどモノは増やしたくないようです。I様のお悩みを詳しく聞いてみましょう。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

バッグが型崩れしないタンス上収納

before
before画像

<I様のプロフィール>

住居形態:
賃貸マンション
家族構成:
4人家族(お子さま2人)
困っている場所:
和室のタンス上

今回はタンス上の収納の悩みを解決!バッグの型崩れと使い勝手が良くない・・・とお悩みのI様。いずれ引越す可能性もあり、収納スペースは増やしたいけれどモノは増やしたくないようです。I様のお悩みを詳しく聞いてみましょう。

石原沙耶香 収納達人
石原沙耶香

I様のお悩み

バッグの型崩れが気になってます・・・。そしてバッグの出し入れがしづらく、使い勝手も良くないんですよね。収納スペースがあるようで、実はそんなに収納できないのも悩みの一つ。収納スペースを有効活用したいです。

お悩み解決スタート

まずは問題点からみていきましょう!

まずは問題点からみていきましょう!
収納達人の分析 問題点
  • ・狭いスペースに、複数のバッグを入れいているので、バッグが型崩れしやすい
  • ・バッグひとつひとつの収納場所“指定席”が明確になっていない
  • ・タンス上のスペースを有効活用できていない
  • ・見た目の統一感がない
石原沙耶香

問題を踏まえて、バッグの型崩れを防ぎ、使いたいバッグを簡単に取り出せるスペースになるように考えていきます!

対策

  • 型崩れを防ぐために、ボックスを使ってひとつひとつのバッグに「指定席」を作る。そして収納場所を明確にする。
  • コンパクトな棚を使って、タンス上のスペースを有効活用する。
  • 収納ケースの色を揃えて、統一感を出す。
超強力伸縮ワイド棚 H-J-W70

今回使うアイテムは・・・

一人でも簡単に取り付けられ、しかも空間を有効活用できます!
超強力伸縮ワイド棚 H-J-W70

ファイルスタンド

資料はもちろん、バッグや調理器具などにも活用できます。
ファイルスタンド

インナーボックス浅型

かさばる小物類を収納できます。また取っ手付きなので取り出しやすいです。
インナーボックス浅型

対策に基づいてどんなものを作るかシュミレーションします!

収納するモノ・場所の寸法を測ります。

①収納するモノ・場所の寸法を測ります。

ポイント
  • 伸縮棚の高さの目安は一番大きいサイズのモノを基準にしましょう。今回は、一番大きいバッグのサイズを測っておきます。
図を描いて全体を把握する

②図を描いて全体を把握する。

方向性・イメージが固まったら、具体的な設計図を書きます。

ポイント
  • イメージを書き出してみると、何のアイテムをどこに置くのか明確になります。設置するときも楽ですよ!

取り付けスタート

③伸縮棚のパーツを確認する。

③伸縮棚のパーツを確認する。

ポイント
  • 開梱したら全パーツがあるか確認しましょう。説明書通りにパーツを置くことで、スムーズに組み立てられますよ。
④付属のアダプタで固定しながら伸縮棚を取り付ける。

④付属のアダプタで固定しながら伸縮棚を取り付ける。

ポイント
  • あらかじめ計測しておいた一番大きいバッグを基準に、高さを仮で固定します。付属のアダプタを壁面に取り付けて固定すれば、一人でも簡単に取り付けられます。
⑤最終、高さを決定する。

⑤最終、高さを決定する。

  • 実際に、ファイルスタンドと一番大きいバッグを置いて、高さの位置を決めます。

バッグが型崩れしないタンス上収納

after 収納スペースが倍増!生活感を抑えたダイニングスペースに

型崩れなし!ストレスなし!
タンス上のスペースも伸縮棚で有効活用

収納スペースが倍増!生活感を抑えたダイニングスペースに

実際に収納してみると・・・

実際に収納してみると・・・

天井スペースも有効活用

天井近くの空間まで有効活用

伸縮棚を使うことで棚上にも収納できるスペースが作れます。棚上のスペースには、インナーボックスを使って小さめのポーチやバッグを収納。色を揃えたことで統一感も◎。

ファイルスタンドを使うことで、バッグひとつひとつの指定席が完成。これで型崩れもストレスも解消!

ビフォーアフター
before画像
before
after画像
after

収納達人が教える!解決テクニック

石原沙耶香

バッグひとつひとつに収納場所を作ることで、型崩れを防ぎ、使いたいバッグを簡単に取り出せるようになり、さらに見た目もスッキリ変身しました。そして、どんなバッグを持っているかも把握できるので、選びやすくなります。また、上段は手が届きにくい場所なので、取り出しやすい取っ手付きのケースを選び、小さめのバッグやポーチをまとめました。伸縮棚は、トイレの上スペースやカーテンレール上の空間など、ちょっとしたスペースに使えるアイテムです。ちょっとしたスペースを見逃さずに、ぜひ有効活用してみてくださいね。

お客様の感想

以前は1つのボックスに複数のバッグを入れていただけなので、バッグの型が崩れたり、使いたいバッグが複数のバッグに埋もれたりして探し出すのに時間がかかっていました。今では、バッグ選びが楽しくなって、取り出す時のストレスがなくなりました。

編集部より

「モノの指定席を決める」というちょっとした仕組みを作るだけで、バッグの型崩れを防ぎ、収納がスムーズになるというストレスフリーの状態が手に入ります。
使い勝手が悪いなぁ、あのデッドスペースが気になるなぁ、と思ったらぜひ収納スペースを見直して、ケースや伸縮棚を使ってみるのもいいですね。

使用アイテム

アドバイザープロフィール

石原 沙耶香
石原 沙耶香

整理収納アドバイザー。ルームスタイリスト2級。TCマスターカラーセラピスト。
大阪・北摂など関西を中心に整理収納のセミナーや出張セミナー、お片づけ訪問などで活躍中。2児の育児を通して学んだことを活かして、子ども向けのお片づけ方法やお子さんの自立に向けてのお手伝いの情報を発信しています。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      新着コンテンツ

      アクセスランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ