この記事を読んだ人におすすめの記事×

暮らし編:静電気対策

乾燥するこの季節、「バチッ」とくる、あのイヤ~な痛みに悩まされていませんか?冬は静電気が発生しやすい条件が揃っているんですね。今回は、そんな静電気をできるだけ避ける方法を紹介します。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.gif?jp.co

目次

静電気対策

静電気対策乾燥するこの季節、「バチッ」とくる、あのイヤ~な痛みに悩まされていませんか?
冬は静電気が発生しやすい条件が揃っているんですね。
今回は、そんな静電気をできるだけ避ける方法を紹介します。

■静電気が起きる原因

静電気は、衣類などの摩擦で発生しますが、その電気が人体の中に溜まり、
ある程度溜まったところで、電気の流れやすい金属などに人が触れたとき、一気に放電するので、「バチッ」とくるのです。

でも、衣類の摩擦だけなら、夏でも春でもいつでも起きるはずです。
実は、静電気の発生には3つのポイントがあり、冬はその3要素が揃いやすいのです。
ということは、このポイントをひとつずつつ潰していけば、静電気におびえなくて済む、というこですね。

<静電気が発生するポイント>
  • 乾燥した空気
  • 低い気温
  • 摩擦のおきやすい衣類

■加湿&暖房

加湿&暖房 乾燥と低温についは、対策は簡単ですね。
加湿器で室内の湿度を上げ、暖房器具で気温を上げましょう。

湿度が約20%を切ると、静電気発生の黄色信号です。
暖房器具も出来るだけ空気が乾燥しないものを選びましょう。

■衣類の着合わせも大事

皆さんもご存知だとは思いますが、摩擦で電気を帯びやすい衣類素材があります。
特に冬によく着る、セーターなどは静電気が発生しやすいですよね。
しかし、「食べ合わせ」ならぬ「着合わせ」というものもあり、静電気がより発生しやすい組み合わせ、というものもあるんですよ。

素材には、「帯電しやすいもの」と「帯電しにくいもの」、そして帯電しやすい素材の中には「-の電気を帯電しやすいもの」と「+の電気を帯電しやすいもの」があります。

<素材の帯電性質>
素材の帯電性質

素材は、その性質の近いもの(表の位置の近いもの)を選ぶと帯電しにくくなり、逆に遠いもの(例えばアクリルとウール)の組み合わせでは帯電率は高くなります。
帯電性の高い素材の重ね着を避けて、静電気を発生させないようにしましょう。
フリースの中にウールセーターを着ると…大変ですね。

■植物に触る

植物に触る 「湿度や温度を上げれば静電気が発生しにくい」と分かったところで、自分ではどうしようもないシチュエーションという場合もあります。
例えば、帰宅して家のドアノブを開ける時やお店のドアなどです。

そんな時は、近くにある植物にタッチしてからドアノブに触りましょう。
植物の表面に生えている細かな毛から静電気が放電されるので、ドアノブに触っても静電気がバチッときません。
家の入り口付近に、寒さに強い植物を置いておくと良いでしょう。
特に、葉に毛が多い植物(サクラソウ、セントポーリアなど)を選ぶと、なおGOOD!

■ドアノブは思い切って触る!

近くに植物もなく、それでも金属に触らなければいけない時、そんな時は、覚悟を決めて思いっきり触りましょう!

静電気が起きやすそうな物や、一度静電気の被害にあったことがある物は、つい恐る恐る触ってしまいます。
でも、恐る恐る触ると、金属と手が触れる面がわずかになり、静電気が流れる場所が一ヶ所に集中してしまいます。

これでは、全く逆効果!かえって痛い思いをしてしまうことに!
静電気が発生しそうな物に触る時は、手のひらなどで大胆に触りましょう。
接触面をできるだけ大きくすることがポイントです。
皮膚が厚い手のひらで大胆に触り、静電気が起きる場所を集中させないことで痛みも分散します。

ドアノブは思い切って触る!

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      暮らしの知恵袋新着

      暮らしの知恵袋ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ