この記事を読んだ人におすすめの記事×

キッチン間取り別How to 配置術!

ひと口に「キッチンの収納」といっても、キッチンのタイプはいろいろあります。じつはこれ、すべては、1Rかファミリータイプの2通りに分ければ解決します。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

生活アドバイザー 土田登志子(つちだ としこ) プロフィール
TU・TI編集室代表。週刊料理百科の編集長を経て独立。多くの生活実用書を手がけた経験から、スッキリした環境づくりが幸せの素と実感。居心地のよい暮らし方を追求する。"大人の家庭科塾"と簡単で効果抜群の"小掃除"習慣は大好評。テレビや雑誌、講演など活躍の場を広げている。
○著書・監修は『スッキリ・カンタン!「新お掃除」の法則』(三笠書房)、『幸せがやってくる魔法のかたづけ術』、『ゆる家事のすすめ いつもの家事がどんどんラクになる!』『家がみるみる片づく本』(高橋書店)、『なんで私の部屋、いつも知らぬ間にゴチャゴチャなの!?』(すばる舎)ほか多数。
HP:つっちー☆マジックhttp://ameblo.jp/tuti-magic

  • 1Rを知ろう
  • 1K&ファミリータイプを知ろう

1Rキッチンの収納3つポイント

その1.丸見えなら、見える収納にする!

丸見えだからといって、あきらめないで。見せる収納に切り替えると、カンタンです。
玄関とサニタリー(洗面所・トイレ・浴室)もトータルに考えれば、しまい場所も見つかります。

丸見えなら、見える収納にする!
  • ①壁
    伸縮棒で調理道具をかける
  • ②前面
    計量スプーン、皮むきなどよく使う小物調理道具
  • ③スリッパはしまう
    玄関ドアを開けたときの部屋の印象が広く見えます。
    宅配用の認め印やボールペンを小分け容器に入れ、スリッパといっしょにしまうと便利です。
    スペースにまだ余裕があれば、ゴミ収集袋の収納にも使えます。
    スリッパはしまう
  • ④側面
    よく使う調味料
  • ⑤火のそば、水のそば
    ここにはモノを置かない!
  • ⑥調理台
    すぐ使えるように空けておく
  • ⑦通路側
    高さのないモノを置くと広く見える。玄関に置いたカゴと同じ色のカゴにサニタリー用品を入れても。
  • ⑧たたき
    靴は出しても2足。あとはしまう。しまえないなら、玄関のカゴと統一のモノに靴を入れても。
    メーカーの靴の箱を積み上げるよりもスッキリ見える

POINT
玄関にカゴを置くと、インテリアにもなるし、スッキリ見えます。
多色使いはゴチャゴチャしているように見えるので注意。見せる収納グッズは同一カラーに。淡い色彩を選ぶのが、コツです。

その2.壁と側面、裏側の3つが決め手

エリアのスペースを有効利用しましょう。モノ優先よりスペース優先がキーワードです。
このスペースに何を置くのか、厳選すること。高さを利用して2段、3段にモノをおけるような収納グッズを活用しましょう。

壁と側面、裏側の3つが決め手
  • ①深いトレイ
    道具はトレイに置いて取り出しやすく。小物は小分けに
  • ②2段ラック
    高さを利用して縦に収納。小さなスペースは、小さなグッズを使う
  • ③ふきん・タオル掛け
    本来は扉の表側に使うフックを裏側に。1Rは通路にもなるので、ぬれているもの、しわになるもの、汚れているものは見えないところで使う
  • ④ビン・缶詰
    重いモノは下に置く
  • ⑤浅いトレイ
    直置きしたくないモノ。食器や液だれしやすい調味料
  • ⑥重ねる収納ボックス
    必ずふたのあるものを。下は未開封、ストック品。上は使いかけや、いつも使うモノを入れて取り出しやすくする

POINT
高さを利用した収納を。限られたスペースを利用するには、①ふたつき(食料品、使いかけ、湿気に弱いモノ)、②トレイ(小分けのモノをならべる)、③取り出しやすい置き方(いつも使えるものを手前に。重いものは下に)が鉄則です。

その3.コンパクトにしまう

コンパクトとは、小さくても中身が充実していることを指します。狭い、スペースがないとお悩みなら、それに合ったモノにすればよいだけです。

  • 冷蔵庫収納で使うビール収納のラック 冷蔵庫収納で使うビール収納のラック 2段収納が小さくまとめられる。例えばラップ類をひとまとめにして、上によく飲むお茶類などを置く
  • >水きりトレイ水きりトレイ おひとり様仕様の食器棚に。いつも使う茶碗・お椀・皿・箸・スプーンの一式をセットしておくとラクチン
  • ふたつきCD・DVDボックスふたつきCD・DVDボックス 使いかけのモノ、ストック食材入れに。フタつきは重ねられ、透明だから、見逃さずに使いきれる

POINT
市販品の収納グッズをストレートに使うよりも、ほかのエリアで使うグッズを使う。1Rのキッチンは変化球を大いに使いましょう。意外な収納グッズが役立ちます

フタ付収納BOX

1K&ファミリータイプの収納3つのポイント

その1.いつも使うモノだけを見せ、あとは隠して収納!

「いつも使うモノ」「ときどき使うモノ」「季節モノ」に分けるとわかりやすくなります。扉や引き出しにはそれぞれ入れるモノが決まっています。さまざまなエリアがあるファミリータイプのキッチンは、それぞれの場所の特徴や導線を生かせば、取り出しやすくなります。

いつも使うモノだけを見せ、あとは隠して収納!
いつも使うモノだけを見せ、あとは隠して収納!

POINT
立った位置で、モノが取り出せて、作業ができればスムーズです。
「しまう」「取り出す」は、家事をラクチンにする工夫です。

その2.ガス台、調理台、シンクの下は、関係するモノを収納!

手の届きやすい場所は、腰から目線の位置。そこから、下と上。縦に見るとモノの置き場所がわかり、そのようにキッチンはできています。吊り戸棚は、上段から下段に従って使用頻度が高くなります。
引き出しの一番上は、よく使う調理道具。順に箸やカトラリー、小さな皿など、使いかけの調味料や乾燥食材などに続きます。

ガス台、調理台、シンクの下は、関係するモノを収納!

POINT
注意ポイントは…
ガス台下→火を使う→熱に弱いモノや食材は置かない。
シンク下→水を使う→湿気に弱いモノや食材は置かない。
また、調理台下は、ブックスタンドを使い、料理ブックを2、3冊置くと便利です。

その3.グッズを利用してプチ・リフォーム

「キッチンの収納グッズはキッチン用のものを」という固定観念を取り払うと、いろいろ展開が楽しめます。すき間収納は、すき間を埋めるもの→新たなエリア作りに。CDボックスより大きいDVDボックス→セット用品ケースに。ブックスタンド→仕切り用に。視点を変えて工夫すると、わくわくしてきませんか?

  • すき間用収納棚 すき間用収納棚 家族の動線に活用。お子さんのいるご家庭なら、子ども用のコップや用品入れに活用しては?子どもの手が届く場所にあれば、自分で出し入れができ、お手伝い上手になれるかも!
  • DVDボックスDVDボックス お弁当用品を一式入れてしまいます。水筒やお弁当箱、箸入れ、仕切りカップなどを入れると、使いたいときに、必要なものがすべてすぐに取り出せます。パーティーグッズ一式や、お花見セット、バーベキューセットなどアイデアいろいろです。
  • ブックスタンドブックスタンド 棚の間仕切りにぴったり。カゴや収納ボックスがなくても、あっという間に仕切れます。
    紙ナプキンなど立てて収納すると一目瞭然。

まとめ1目標1Rは出す収納 VS ファミリータイプは隠す収納

出して使うか、隠して使うかが、1Rとファミリータイプの大きな違いです。 1Rは、ほかのエリアとの統一感をとりながら、しまえないモノは厳選して出して収納 します。 ファミリータイプは、できるだけスッキリ見せるために、隠します。 伸縮棒を使って、しまい方のルールの基本をおさらいします。

まとめ1目標1Rは出す収納 VS ファミリータイプは隠す収納

Q.伸縮棒は、1Rとファミリータイプで使い分けがありますか

A.出す収納の1Rは、壁を使って収納します。ファミリータイプは、シンク下の扉に納め るなど、なるべく「壁に吊るす」を少なくします。カフェカーテンを使うなど、インテ リア利用には最適です。

POINT
2つのタイプの違いがわかれば、あとは応用です。
逆に収納してしまうと…1Rはしまい場所に困り、ファミリータイプはスッキリ見えません。
壁と床をスッキリさせるのがファミリータイプの鉄則です。

まとめ2 汚れやすいキッチンには、ジョイントマットが便利

キッチンマットはすぐ汚れてしまいますが、洗濯するのは面倒です。けれど、ジョイントマットなら拭くだけ。水をこぼしても、拭けば大丈夫です。
1Rには、キッチンの独立した印象を与え、ファミリータイプは汚れ防止。フローリングよりふかふかするので、立っていてもラクです。

ジョイントマット

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      新着コンテンツ

      アクセスランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ