この記事を読んだ人におすすめの記事×

高圧洗浄機で初夏のオウチ一軒まるごと洗浄

高圧洗浄機を使って冬にできなかったお外のお掃除はいかがですか?今回は、アイリス暮らし便利ナビの会員様に実際に家を丸ごと洗浄してもらいました。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

今回は、アイリス暮らし便利ナビ会員のまろにーさんが先ほど届いたばかりの「アイリスオーヤマ 高圧洗浄機スターターセット」を実際に自宅で使ってみました。今話題の、アイリスオーヤマ高圧洗浄機を徹底解明しちゃいます!

今回使用する高圧洗浄機

1.準備開始

ホームページで見ていた別タイプよりも音は控えめ。基本的に外の掃除は昼間にするから、問題なさそう!
(お向かいのバリカンより静かかも?(笑))

①マイナスドライバーを使って、水道栓につなげます。

②本体とホースをカチッと接続。ワンタッチで簡単。

③高圧ホースをガンにつなげます。

④ターボランスをガンにくっつけます。

⑤電源コードを・・・

⑥差し込みます。

⑦スイッチオン。

⑧実験的に発射!おおっ。

⑨取っ手を伸ばした状態で、158cmの私が持ってこのぐらい。意外とコンパクト。

⑩ランスにつなげます。車輪があるので移動もラクチンです。

2.玄関と、植木鉢跡を掃除します!

3.玄関前の壁も綺麗にしたい!

①上からの雨跡と、下の泥ハネが汚い~。こちらもターボランスで掃除します。

②全体的に白くなりました。左の掃除していない場所と比べると、一目瞭然!

4.階段の掃除はいかに!?

①壁と階段の境目も泥とかがこびりついてドロドロ。

②キャー取れる、取れるっ!

③ブラシでこすったりせずにこの白さ! スッキリさに感動です。

5.苔だらけのカーポートも綺麗になるかしら…。

6.その他にも・・・。

広角ランスを使って庭の水まきも・・・

バルコニーのトタン屋根の掃除も・・・

苔が生えた石畳も・・・

水が高圧で霧状に広がってくれるので、広範囲を簡単にきれいにできるのに、後が水浸しってこともなく。いろいろ使えてきれいにできるのに節水できる、っていうのを体感しました。

7.最後に後片付け!

①まずは電源のスイッチをOFFにします。

②水道の水を止めて残圧を抜きます。(ガンのレバーを数回握ってポンプ内部の残留圧力を抜きます)

③ガンのランスを取り外し、ランスを振って内部に残った水を排出します。

④もしも噴出口にゴミが詰まった場合には、ノズルクリー ナーピンを使って取り除きます。

⑤水道ホース・高圧ホースを外し、高圧ホース接続口を下に向け、10秒間電源を入れてポンプ内に残っている水を排出します。

⑥さて、しまいます。こんなに箱に収まるかな?

⑦余裕ですっきりです!

⑧RVBOXにすべてを収納して終了!わずか7分でできました♪

8.使ってみた感想

汚れ落ちのほどは?

洗剤を使わなくても、水とブラシだけで(※)車もカーポートも「ピカー」っと光った仕上がりに家族全員大満足。
壁とかカーポートとかは、その汚れの落ちように掃除がすごく楽しくなってしまって、主人も子供もやりたがり、大騒ぎでした(汗)

主人は、車があまりにも簡単にきれいになって、「めっちゃ
きれいになるし面白いわー。これならマメに洗いそうだ。」
と感心していました。

※個人の感想であり、汚れの種類によっては洗剤が必要な場合もあります。

節水にはなる?

使った後が水浸しになることもなく、節水にもなることを体感。

実家の親にも高圧洗浄機がすごくいいよ、って言ったら
我が家のためにまさに買おうとしていたらしく、
「 通常のホースで同じ時間洗うのに比べて、約70%の水を節約することができるから、少ない水でお掃除できて、節水にもなるのよ。」と親の方が詳しかったです(笑)

使い方は面倒?

あまりにも簡単にきれいになるので家族でワーキャー言いながら楽しく掃除ができました。

使い方も簡単だし、車輪が付いているからラクラク移動できるし、 これからは主人がいなくても私一人で掃除しよう!と思えるほど。

家の外回りでまだまだ使っていないところもどんなにキレイになるのか、次々やってみたいです。

収納もRVボックスにセットで入れておけるから、汚れても洗えるし、丈夫で安心。

簡単に綺麗になる高圧洗浄機のおかげで、掃除嫌いだったのですが掃除好きになりそうです。

今回使った商品はこちら!

あなたにピッタリなのはどのタイプ?

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      生活家電新着

      生活家電ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ