この記事を読んだ人におすすめの記事×

寝苦しい夜はマットレスで変わる!『エアリー』で夏の暑さを乗り切ろう

夏は日が沈んでもムシ暑い!あの寝苦しさ、解決したいと思いませんか?アイリスオーヤマの『エアリーシリーズ』は夏にぴったりの寝具なんです。接触冷感寝具と組み合わせれば感動の涼しさに!今ならお得なキャンペーン実施中です。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

目次

真夏の夜、こんな経験ありませんか?

熱帯夜に、あなたもきっと一度は「暑くて寝苦しい」と感じたことがあるはずです。
 
そんな"夜の暑さ" "寝苦しさ"を改善する第一歩は寝具の見直し。
そして、一番大きな体積を占めているマットレスが重要なカギです。
エアリー
マットレスに熱がこもらなくなれば、夏場の寝苦しさは劇的に改善します。
 
今回は、通気性抜群なエアリーシリーズを詳しくご紹介。
夏場に使うマットレスとして、強くオススメする商品です。

エアロキューブ®が涼しさの秘訣!

マットレスは身体の熱をためこむと蒸し暑く、寝づらくなります。
 
熱や湿気、汗がこもらない、通気性がいいマットレスなら夏の夜も快適なはず。
そんな思いを叶える涼しい寝具が、アイリスオーヤマのエアリーシリーズです。
 
エアロキューブ®
涼しさの秘訣は中材の
「エアロキューブ®」
弾力のあるチューブ状の繊維が、立体的に絡み合った素材です。
 
製品体積の95%が空気でできているから、通気性が抜群。
 
繊維の間を空気が通り抜けて熱と湿気を逃がします。だから涼しい!
熱がこもる・こもらない
さらに、カバー地の片面と側面はメッシュ素材でできていて、身体や敷きパッドを通じて吸収した熱・湿気を外に逃がします。
 
空気の通り道があるから、
通気性がよく、熱がこもらない。
これが、エアリーシリーズが"涼しい"寝具である理由です。
 
※一部商品を除きます。

冷感寝具との相性も抜群!

単体でも涼しいエアリーシリーズですが、冷感寝具と組み合わせるとその効果が倍増します!
エアリー×冷感寝具
接触冷感敷きパッドとエアリーシリーズのマットレスを併用した場合、敷きパッドが身体からの熱を吸収し床方向に放熱・放湿。
 
側面のメッシュカバー越しに、熱と湿気が放出されるため、寝具に熱がこもりません。
 
熱の逃げ道、空気の通り道があることで、敷きパッドもひんやり感を保つことができます。

クール敷きパッド ご購入はこちら

クール敷きパッド ご購入はこちら
涼しい以外にも、エアリーシリーズはよい所が盛りだくさん。
お手入れも簡単
エアリー×シャワー
カバーは洗濯機で、中材はシャワーで丸洗いできます。
三つ折りタイプなら、洗った後立てかけておけばすぐに乾きます。
 
「洗えるマットレス」としてもエアリーはオススメです。
 
寝心地がよく、長く使える
高反発素材で、寝返りを打ちやすい
高反発素材で、寝返りを打ちやすい
すぐれた体圧分散で、理想的な寝姿勢を支援
優れた体圧分散で、理想的な寝姿勢を支援
使い始めの硬さと寝心地が長持ち
使い始めの硬さと寝心地が長持ち
 
高反発かつ優れた体圧分散で、理想的な寝姿勢と快眠をサポート。
また、約8万回の圧縮テスト後も硬度保持率85%。
 
一度買えば、長く愛用できます。
 
 ※東洋紡試験において実施。
 

じっくりお試しできる『30日間返品保証』

エアリーが気になっている方も、
「ネットだと寝心地を試せないから…」
「高い買い物で、悩んでしまう…」

という方もいらっしゃると思います。
 
そんなあなたも大丈夫!
安心の「30日間返品保証」を実施しています。商品を試して、寝心地に満足いただけなかった場合は、ご使用後でも返品を承ります。
 
約1か月間、じっくりと寝心地をお試しいただけます。どうぞ安心してお買い求めください。
30日間返品保証 詳細はこちら
60日間返品保証
まとめ
エアリーシリーズは通気性抜群で涼しい寝具。
●接触冷感寝具と併用すると、ひんやり効果も倍増。
お手入れも簡単。中材をシャワーで丸洗いできる。
購入後30日間の返品保証。じっくり試して、使用後の返品もOK。
寝苦しさに悩む方、この機に寝具を見直してみませんか?
今回ご紹介したエアリーは、下記よりご購入いただけます!
エアリー 商品一覧はこちらから
エアリー 商品一覧

クール敷きパッド ご購入はこちら

クール敷きパッド ご購入はこちら

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      寝具新着

      寝具ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ