この記事を読んだ人におすすめの記事×

コの字ラックを使った収納で収納空間を有効活用!~大木先生の収納講座

棚があればもう少し上の方の空間を使えたのに・・・そんな時に便利に使えるのが「コの字ラック」です。脚と土台があるラックのことで、コの字を左にひっくり返してできる形に似ていることからこのような呼び名になりました。空間を上下に区切ることができるので収納量が倍になり、棚を増設するより比較的安価で済むことから収納グッズとしても多く用いられている商品です。今回は、そんなコの字ラックの便利な使い方を実例とともにご紹介します!

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

1:キッチンで限られたスペースを使い切ろう!

キッチンボード上なら使い勝手がとても良い!

キッチンの背面ボードの上にコの字ラックを置いています。


スペースが限られた場所ですが、作業の効率をあげるため出しておきたいものは結構多い場所です。

ボードの上にモノを広げて並べるより、コの字ラックを用いたほうが効率UP。そのエリアだけ収納量が2倍に!

下に常備薬やお菓子を入れ、上に掃除用アルコールスプレーや観葉植物を置いています。

色やグリーンとの兼ね合いから置くものを厳選した、お気に入りのコーナーです。

吊り戸棚など観音開きの場所に食器を収納する際も、コの字ラックがあると便利です。

1段のほか、2段がセットになった商品もあります。安定感にはぜひともお気をつけください。
画像のダブルキャビネットシェルフなら、細々としたものまで収納することができます!

2:洗面所エリアを有効活用!

シンク下では棚板のない観音開きの場所にこそ!

洗面所のシンク下は観音開きでパイプが通っている、というお宅が多いかと思います。


この広いスペースを活用するのに便利なのがコの字ラック。水回りに強い素材の商品を選びましょう。


よく使うものを上段に乗せれば、かがまずモノを取ることができるので便利です。

パイプに異常が見つかった際、すぐ対処できるよう収納エリアのものは少なめに保つのも心がけたいポイントです。

造り付け収納でもスペースを区切って分ける方式で! !

我が家では洗面所の収納棚でもコの字ラックを使っています。


造り付け収納の大きく開いたスペースに設置し、上にランドリー用カゴ、下にボックスを入れて衣類洗剤のストックを入れています。

衣類洗剤のストックは以前上のほうの棚に乗せていましたが、重いので安全性を考慮し下に下ろしました。 おかげで詰め替え作業がラクにできるようになりました。


収納する場所を生み出すという面でもラックが便利に使えます。

3:増えすぎたディスプレイには美しく見えるラックを取り入れて!

ディスプレイやコレクションなどを効率よく美しく見せるのにもコの字ラックが便利です。


我が家の透明ラックはアクリル樹脂でできているため、圧迫感なくディスプレイの陳列に使っています!

たくさん持っているものをとにかく並べて綺麗に見せたい!といった使い方に用いてもOK!

4:コの字ラックを使って高さ調整まで自由自在!

キッチン裏のパントリーにある新聞収納です。新聞を入れるボックスが床におかれていた場合、その中に入れるのにその都度かがまなくてはなりません。


しかしコの字ラックを使って高さを増せば、かがまなくても手を伸ばしたところで新聞を捨てることができます。

さいごに

収納量がないからと諦めたり、棚がないからとモノを積み重ねていたりすると取り出しにくく使い勝手の悪い収納ができてしまいます。


コの字ラックは収納スペースを手軽に増やしてくれる便利なアイテムです。


100均でも取り扱いがあるラックですが、脚が4本ありキチンとした形のものを選ぶと失敗がありません。


また設置する場所にもよりますが、コの字ラックの場合は置くだけ簡単なタイプが多いように感じます。


収納量を増やすのにも便利に使えるコの字ラック

新生活でそんな場面に出会ったら、ぜひ取り入れてみてください!

大木聖美さん プロフィール

大木聖美さん
取り出しやすく美しい収納を目指す、整理収納アドバイザー。
整理収納アドバイザー2級認定講師、ハウスキーピングコーディネーター、アロマテラピー検定1級。
横浜を中心に個人宅での収納コンサルティングを行いながら、整理収納関連のセミナー講師や執筆業を行っている。夫と子供2人の4人家族。
ウェブサイト
我が道ライフ

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      オープンラック新着

      オープンラックランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ