この記事を読んだ人におすすめの記事×

洗練と便利さの溶け合うシンプルなインテリア

モノトーンに差し色をプラスするシンプルな空間作り、スッキリとした片付けやすい生活を目指しています。
家族と愛犬が住みやすい寛ぎやすい家具を選んだり、分かりやすい収納を心掛けています。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

シンプルスタイリッシュなモノトーン空間

テレビ側の壁とキッチン周り、ダイニングのニッチにはそれぞれトーンの異なるグレーのアクセントクロスを貼っています。シルバー系のスタイリッシュな小物やインテリアが好きなので、このカラーバランスがとても気に入ってます♡
キッチンの腰壁は、自分の絵でイメージを伝えて、工務店と大工さんに家具のような感じで作ってもらったもの。我が家の造り付けカウンター系は既製品を使わず、板にデコラという素材を貼って白やダークグレーの板になっています。これは、私がこの家の1階に木目の物は入れたくないというこだわりがあったから。支柱や釘が見えないのもポイントです。床はマットな質感の大理石調に。キッチンとダイニングは横並びにして、ぐるっと回遊できるので、配膳や動線がかなり楽になっています。

1階の家具は、シンプルモダンやスタイリッシュモダンなどの影響を強く受けたセレクトになっています。テーブルはスチール脚やガラスのものを選びました。清潔感やスッキリ感が増すアイテムがお気に入りです。
テレビの横の壁にはBo conceptの棚を設置しました。テレビボード内は、たとえば美容グッズなど、ここで使用するものを入れることにしています。その時々の生活動線に合わせて変更しながら一番使いやすく片付けやすい収納=時短になる事が私の理想の収納です。時短になれば生活にゆとりも出て、また片付けようという気持ちになるのです。

デザインを揃えて生活感を抑えたキッチンに

キッチンは、背面のクローゼット型のパントリーと、小さめのキッチンボード、冷蔵庫横の引き出し式の隙間収納と、たくさんのスペースを作りました。
キッチンはどうしても生活感が出やすいため、必要な物以外は出しておかないようにしています。そして、出しておいた方が良いものは、出来るだけ部屋の色味に合ったシンプルで美しいものを選ぶようにしています。
我が家の1階のメインカラーはホワイト、サブカラーはグレー、アクセントカラーはブルー、観葉植物のグリーンなので、インテリア雑貨や生活用品もその中の色味を選ぶようにしています。

ダークカラーで引き締めたサニタリー

私の好みが色濃く出すぎな場所、1階の中でもかなりダークなモノトーンインテリアで作られている洗面所です。
ここにも造り付けのカウンターがあり、One Must Dashのアートポスターを飾っています。手拭タオルはカゴに入れるようにしたので、タオルバー部分は思い切って取り外して棚に変更、コップなどを置いています。使いたい物がすぐ取れる位置に来るよう工夫しました。ここでも、出しっぱなしでも生活感を出さないデザイン選びを心掛けています。
洗剤類置き場も、洗濯機上に洗面カウンターとお揃いのカラーで理想通りの棚に仕上げてもらいました。

ぬめりが気になる浴室は、タオルバーやフックをマグネットタイプにして、チューブ類やボトル類など、すべて吊り下げているので掃除が楽になりました。細かく物の場所を決めることで、使った後も戻しやすくなったようです。ボディタオルは韓国で見つけたお気に入り。もともとあったタオルハンガーはお掃除用品を引っ掛ける場所に。バスタオルもフックに掛けるだけにしたことで、とても便利になりました。

トイレは左壁がチャコールグレーのアクセントクロスになっていて、ニッチとニッチ扉も付けて少しだけ物が飾れるようにしています♡パープルやピンクなど、夫があまり好まない色はトイレで遊ぶようにしています。

ブラウンを基調にした2階寝室

1階のモノトーンとは異なり、ダークブラウンが主になっている2階の寝室です。少し前まではダークブラウン×オレンジで明るい雰囲気にしてたんですが、もう少し落ち着いた感じにしたくて、優しい印象のグリーン系インテリアに変更しました♡差し色のペールグリーンのブランケットは見た目にも温かみがあり防寒インテリアにピッタリ。保温効果が高めるため、羽毛布団の上に掛けて使っています。
ベッド背面の壁一面には調湿効果のあるエコカラットが貼られています。匂いの吸収もしてくれるので、愛犬のムーさんと一緒に寝ていても匂いは気になりません。壁に掛けたポスターは、ムーさんをモデルにしたシルエットに、1枚1枚思い出の写真をコラージュして自作したものです。

収納スペースを活用してスッキリと暮らす

ダイニングのニッチの横、階段下部分に小さいクローゼットがあり、外出時に着るアウターや季節外のものなどを収納しています。内側の壁に突っ張り式のワイヤーネットパーテーションも付けて収納量を増やしました。
また、この枕棚はモデム類を置く場所になっているんです。クローゼットの扉を閉めればモデムも配線類も見えないのでオススメ。隣の洋室のPCデスク周りも、配線が見えないよう工夫してあります。デスク周りはハンドメイドしたウォールミラーを掛け、文具類なども表に見えないように置いています。
洋室にある棚は以前リビングで使っていたもの。この後ろがムーさんのトイレスペースになっていて、ペットシーツなど必要なものを置く場所にもなっています。

2階にWICがありますが、我が家はこの1階の洋室で着替えをするため、春夏物←→秋冬物で年に2回衣替えをしています。衣替えのたびに断捨離することで、かなり物も少なくなってきました。そこで新たに枕棚とポールを付け、購入してあった有孔ボードを内側の壁に取り付けて貰いました。有孔ボードには時計などを引っ掛けています。
上段には使う頻度が少ない物を収納。下段に、パンツ類を掛けるキャスター付きの伸縮スラックスハンガーを置いて、簡単に出し入れできるようにしました。収納ケースは、サイズが選べて連結出来るタイプを購入。実は細かい物を収納することが多かったので、中身に合わせて、小さい引き出しを沢山連結させています。

ディスプレイで楽しむ玄関

玄関は少しでもリビング側からの明かりが採れるように、ガラスのブロックをはめ込んでいます。玄関は毎日通る場所であり、家に入ってすぐ目に入る場所。ポスターや花、季節のものを飾ったりして、ディスプレイを楽しんでいます。鏡は実は扉になっていて、スリッパや鍵などをスッキリと収納しています。

プロフィール

amiさん(女性/30代/事務・インスタグラファー)
建物の種類:一戸建て
間取り:3LDK
築年数:7年
居住人数:2人+1匹
この家の好きなところ:1階は私好みのモノトーン空間で、2階は夫好みのブラウン調の落ち着いた空間。どちらも好きです。
この家の悩み:建築当初は収納の悩みなどもありましたが少しずつプチリフォームをして、現在はあまり悩みはありません。

編集者コメント

スタイリッシュな雰囲気に包まれたamiさんのお部屋です。どのお部屋も色の合わせ方や物の配置・バランスなどが絶妙で、amiさんのセンスが詰まった空間になっています。モノトーンを基調としたシンプルモダンな1階と、ブラウン×グリーンを使った落ち着きのある2階、それぞれに個性と良さがありますね。犬のムーさんとの生活を優先させながら、お部屋の演出を楽しんでいるところも素敵です。

使いやすさにこだわった美しい収納にも注目しました。場所に応じて、引っ掛けるだけにしたり、オシャレなアイテムに隠したり、ラベルを作成したり・・・生活感を抑えるアイデアはいろいろ。物の位置も、固定観念にとらわれず使いたい場所に使うものがあるように徹底されています。モデム類を収納の枕棚に置くなど、家の設計段階でのヒントもたくさんありました。

眺めたときの美しさも大切に、生活する上での利便性も考えられたお部屋作り。ところどころにある手作りのアイテムも可愛らしいです。これからもamiさんの生み出すインテリアの世界を楽しみにしています。

おすすめ商品

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      新着コンテンツ

      アクセスランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ