この記事を読んだ人におすすめの記事×

楽々&時短【おしゃれクローゼットのコツ】

片づけの悩み。様々な媒体でアンケート調査が行われていますが、いつも上位にランクインするのが”洋服の収納”。
多すぎて収まらない、減らしたいのに減らせない。すぐぐちゃぐちゃになってしまう、なんだかすっきり見えない。など多くの方がそう口にするほど、そこにはたくさんの悩みが詰まっているようです。

現実感が出やすく悩み多きクローゼットを楽に時短に、おしゃれできれいに保つには?についてまとめてみました。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

服の量は少ないほど上手くいく

着る服に困るからたくさん持つ。よく耳にするワードですが、実際クローゼットの中の全ての服を着ているわけではないはず。
“いつか着るかもな服”が“いつも着たい服”を圧迫し、取り出しも片付けも、衣替えも難しくしてしまっています。

それだけではなく、全く着ていない服に毎年クリーニング代を支払っていたり、収納ケースが占領されてどんどん買い足すようでは不経済でもあります。

今一度、管理する上でのリスクも考えてみてはいかがでしょうか?

自分がいつも手に取る服の特徴を意識する

無意識に着ている服の中には、自分の好きな服が隠れています。
気が付くと選んでいるもの。それが色や形、着心地など自分にとってしっくりいくものです。
新しく買い替える時には、それに似たようなものをまず選ぶようにすると失敗がありません。

素材については、クリーニングや、自宅で洗えても手間がかかるものはついつい溜め込んでしまいがち。
“洗い待ち”のものが収納スペースを取ってしまわないよう、なるべく簡単洗いができるものを選びましょう。

ベーシックなものを多く、インパクトのあるものを少なく

大柄やインパクトのある服は華やかではありますが、それだけ他人の記憶にも残りやすいもの。
着回しを考えるならベーシックなものを増やし、流行りのもの、コーディネートのポイントになるものは少な目に。

時短できれいなら断然吊り下げ収納

吊り下げ収納ならクローゼットを開けてすっと取り出す、サッと片付けるが叶います。
たたむ収納は、服をたたむ→クローゼットを開ける→衣装ケースの引き出しを開ける→入れるとなり、吊り下げ収納とアクション数が断然変わってきます。
また、すぐに目に付くためきれいも保ちやすいのも吊り下げ収納の利点。なかなか服が片づけられない人ほど吊るし収納にしてみましょう。

そのためにも、服の量は少なめに。
簡単にきれいに見せるなら、ハンガーを同じシリーズに統一させます。高さも大きさもバラバラのハンガーでは洋服も埋もれてしまってしまったり見つけにくくなります。

同じ高さ、同じ色、同じ形できれいに見えつつ使いやすいクローゼットにしましょう。

衣装ケースのサイズ、奥行も深さも欲張らない

たくさん入る方がよく片付き、お得な気がしてしまいます。
ですが、奥までものを詰め込んだ場合、それを前に引き出すスペースも必要になることも忘れてはいけないポイント。

沢山入れて重くなってしまった引き出しを大きく引き出すのはなかなか大変です。
次第に開かずの衣装ケースになることも。

引き出しを少し引いて奥まで簡単に確認できることがポイント。
また何が入っているか一目瞭然であることも、せっかく持っている服を上手く活用できるコツです。
“奥に何が入っているかわからない収納”にならないよう気を付けましょう。

使う人が使いやすいが基本

子供部屋のクローゼットは、子供が大きくなっても使えるサイズで作られています。

小さいうちは身長も届かず、自己管理が難しい。
そう思いがちですが、身長に対しての高さに棚を作ったり、ひっかけられるポールを取り付けたりすると、ある程度自分たちでもできるはずです。
自立心を育てるためにも、高さやサイズを子供用に工夫してみましょう。

100均の突っ張り棒と棚板で棚を増設したり、カラーボックスなどを使えば、ミニチュアクローゼットが簡単に作れます。

忙しい人ほど家事の合間に支度ができる収納に

朝の時間が忙しく、どうにかもっと早い支度がしたい。
そんな人は、リビングやその近くに衣類を収納してみては?

家事の合間、お子さんの支度の合間に自分の支度は“ながら支度”。
お子さんに声をかけながら自分の服が選べたりもできるので、小さなお子さんがいらっしゃるママにも向きます。
バッグや帽子も、リビングインテリアの一員のように飾り収納するのもひとつのアイデアです。
ぱっと取ってさっと仕舞えるが叶います。

バッグが場所を取るなら、収納ドアの内側に吊るし収納にしてみても。

最後に

ご自分の服、あるいはご家族の服を、一体何枚持っているかご存知ですか?
まずはあちこちに収納された服を1か所にまとめてみると全体量が把握できます。
そこから持つことに疲れない程度に減らし、日々の生活がスムーズにいくよう量を意識してみてください。
ベーシックなものが増え、数が減るとおのずときれいなクローゼットになります。あとは、なんとなく色別に並べてみてください。すっきりおしゃれに見えてコーディネートの際に選びやすくなるだけでなく、戻す時も迷わずにきれいが保てます。
”どうせ片付かないから”と諦めずコツコツ続けることもお洒落クローゼットの近道です。

瀧本真奈美さん

瀧本真奈美さん プロフィール

プチプラグッズでおしゃれな暮らし方などのアイデアを発信する人気ブロガー。整理収納コンサルタントやルームコーディネーター、時短家事コーディネーターbasic、お部屋づくりのプロとしてTV、雑誌などで活躍中。2018年より暮らし方提案やサービスを提供する「クラシング」代表に就任、活動をスタート。

おすすめ商品

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      新着コンテンツ

      アクセスランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ