この記事を読んだ人におすすめの記事×

【収納のコツ】プロ直伝!片づけがラクになる「3つのS+α」実践法

ゴミ箱に袋をセットする、調味料を補充する、レジ袋をたたむといった、毎日の地味な作業が意外と厄介。そんな「名もなき家事」から解放されて、整理収納のプロのようにストレスフリーな毎日が過ごせる秘訣をご紹介します。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

ゴミ箱に袋をセットする、調味料を補充する、レジ袋をたたむといった、毎日の地味な作業が意外と厄介。
そんな「名もなき家事」から解放されて、整理収納のプロのようにストレスフリーな毎日が過ごせる秘訣をご紹介します。

1S:「Se-ri」整理してスッキリ見やすく

家じゅうを整理するのは、整理収納のプロであっても大変なこと。今すぐできる範囲だけに絞り込むのがおススメです。たとえば、クローゼットに収納しているソックスに取り組んでみましょう。

まずは、引き出しやボックスの中にあるソックスをすべて取り出します。すると、かかとが薄くなったモノやゴムがゆるんでいるモノなど、しまってあるときには分からなかった変化に気づきます。また、厚手のモノ、丈の長いモノや短いモノ、色や柄のあるモノといった具合に、種類の違いが見えてきます。そういった状態や種類が把握できると、劣化したり出番がなかったりするモノは手放してもいいと思えるようになって、ソックスの数を減らすことができます。

また別の日には下着を、さらに都合のいい日には調理グッズをといったふうに、気になる所を徐々に整理していきましょう。しまってあるモノの数が減るだけで、戸棚や引き出しの中がスッキリと見やすくなって、整理してよかったと思えるようになります。

参考にしたいこと

毎日のように増え続ける郵便物やプリントは、レタートレイに載せて収納する前に点検して減量を

ハサミ、テープ、ペン、クリップなど種類がいくつかあっても、数が少なくなれば仕切りがなくても見分けがつく

「ここに入るだけ」と決めて無理に詰め込むのをやめると、余分なモノを買ったりもらったりしなくなる

2S:「Shu-no」収納してサッと使いやすく

「収納イコールしまう」こととは限りません。戸棚や引き出しの中に収めると部屋の中は片づくのですが、日々繰り返し使うモノを出し入れするのが億劫になって、出しっぱなしになることがあります。

そのため散らかった状態が気になって、細々とした片づける手間が増えることに。「こうしたら片づく」といった正しいやり方であっても、習慣として続けて行えることと辛いこととがあるのでは?そこに着目してみると、自分や家族にとってどんな方法がいいのかを考えるきっかけになります。

たとえば、見えていたり目に留まったりするほうが、家族全員が協力しやすいという場合には、部屋の中に「定位置」をつくるのもいい手です。置く場所をきちんと決めておけば、部屋のあちこちに散らばることがなくなります。その定位置にふさわしい場所を見つけるときのポイントは、家族がよく行き来をする所、家族が過ごすことの多い所や過ごす時間が長い所。例えば玄関、廊下、ダイニングテーブルやソファまわり、ダイニングキッチンのカウンターに定位置をつくりましょう。バスケットやトレイを用意するだけで、定位置の目印になります。

参考にしたいこと

家族の鍵コーナー。門、家、車、自転車など鍵はすべてここに収納。よく使うモノは上のカゴへ

キャスター付きのワゴンなら使いたい場所へと移動できる。ダイニングで必要なモノが置けるようにするとテーブルがスッキリ

後でまた使いたいモノを一時置きするときにスツールを活用。玄関、リビング、寝室などで気軽に使える

3S:「Se-ton」整頓してキレイに気持ちよく

モノの数を減らしたり、身近にしまえる所が決まったりすると、キレイな状態をキープしたくなるものです。そんなときには、たくさんある収納用品の中から、気持ちよく使えるモノを選びましょう。その際にポイントとなるのが次の3点です。

①大きさを揃える
②色を揃える
③素材を揃える

戸棚や引き出しの中に入れて使う場合には、収納の寸法を測っておくことと、そこにしまいたいモノの大きさと数を調べることが重要です。収納とモノとのどちらにとっても困ることのない大きさを目安にして、市販の収納用品をリサーチ。収納の中でいくつかの収納用品を組み合わせたいときには、並べた状態を想定して、ちょうどいい個数を割り出します。収納用品を並べたときに隙間なくピタリと収まらないとしたら、数を減らしたり小さいサイズのモノにしたりして調整しましょう。

参考にしたいこと

白いボックスとグレイの布ケースを組み合わせると、シンプルでスタイリッシュに整う

同サイズのバスケットで紙袋、書類、日用品を種類別に整頓。扉のないオープン収納でも整えやすい

色柄違いの布ケースを縦と横に並べて整頓。大きさと素材が揃っているから室内で使ってもいい

4S.+α:「So-shoku」装飾してワクワクなわが家に

暮らしの中で整理、収納、整頓の「3つのS」を実行していると、スッキリと片づけやすい部屋になります。そんなストレスフリーな日々が続くことで、さらには潤いを感じる暮らしへと関心が移っていくと思います。

思い出のモノを飾ったり、大切な雑貨を並べたりして、わが家らしい部屋づくりをしていきましょう。そのときにも装飾コーナーを決めて、そこにお気に入りを集めて飾ることをおススメします。飾りたいモノがたくさんあるときには、テーマを決めて飾り替えをして、部屋のイメージチェンジをしましょう。

さらに、アロマディフューザーで香りを楽しんだり、季節の草花をテーブルに飾ったり、キャンドルを灯してみたり。装飾と言っても視覚的な効果ばかりではなく、これまで以上に五感で味わうことへの感度が高まっていくことでしょう。どの色、どんな香り、音色は?といったふうに、自分や家族の好みを知る良い機会になります。どれとどれを組み合わせるといいのか?その答えが一つとは限りません。ああしようこうしようと試しながら、わが家らしい飾り方を見つけるのが楽しい時間になるはずです。

参考にしたいこと

部屋の一角を装飾コーナーに。家族が交代でマイコレクションを飾って、ギャラリー風に仕上げてもいい

子どもが描いた作品を額に入れて階段の壁にディスプレイ。個性的なタペストリーと一緒にわが家らしい空間づくり

植物を飾った棚の近くには、書類を一時収納するバスケットをさりげなく配置。整理、収納、整頓、装飾の合わせ技が目を引く

どんな部屋にしたい?その様子を想像しながら整理、収納、整頓を進めていくうちに、心地よさがどんどん高まって、さらに装飾が加わることでわが家らしい部屋づくりにつながりますよ。

おすすめ商品

プロフィール
すはらひろこ (片づくおうちプランナー)
一級建築士、インテリアコーディネーター
株式会社アビタ・クエスト代表取締役


共働き経験をいかした収納術とおしゃれなインテリアで、雑誌のビフォアアフター企画でも活躍。 TV東京TVチャンピオン【お部屋リフォーム王】、TBS系「王様のブランチ」、NHK総合「あさイチ」ほかテレビ・ラジオ出演や講演、著書など多数。
総合情報サイト【オールアバウト】で収納ガイドを務め、連載記事は幅広い読者層に好評。
著書:『1分からはじめるかたづけ術』(だいわ文庫)
『朝、着る服に迷わないハッピー収納術』(大和書房)
ほか

すはらひろこ

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      すはらひろこ先...新着

      すはらひろこ先...ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ