この記事を読んだ人におすすめの記事×

クローゼット 高すぎない収納ハードルで、みんなが迷わないクローゼットづくり  素敵なお部屋の収納術

お店のような見せる収納、細かく仕切られたきれいな収納、収納の美しさを目指せばきりがありませんが、まずは見た目よりも、実際に使う人にとって、本当に合った収納方法を考えることが大切です。毎日使うクローゼットこそ、家族の誰もが迷いなく使える空間になるよう、すぐにでも実践できるクローゼット収納のコツを紹介します。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

1. 衣類の数を一定に保つためのルールを決める

スペース決め

クローゼットでは、収納方法の確立よりも、まずは衣類の数を一定量に保つことが大切です。
「まだ着られる」「いつか着る」といった理由で処分しにくい衣類ですが、手放さないのに新しいものが入ってきては、いくら広い収納スペースがあっても、快適なクローゼットはできあがりません。そこで、「チェスト一台分とポール1本分」といった具体的な収納スペースをあらかじめ決め、そのスペースの中で衣類を循環させるといったルールにしておくとよいでしょう。

2. 使ってもどすには、「誰でもできる」を優先させる

掛けるだけ収納その1 ベルト・ネクタイ

ベルトやネクタイは、ハンガーやポールを用いた、ワンアクションで完了できる掛ける収納にします。専用のケースを用いて、巻いたベルトやネクタイを仕舞うという美しい収納方法もありますが、誰もができる収納方法とは言えません。使ったものを確実にもどすためには、出し入れ自体が簡単で、どんなに面倒くさがりやでも実践できるような方法にすることが大切です。
「この収納方法は他の家族も続けられるか」ということを常に念頭に置いて、ものの仕舞い方を決めるようにしましょう。

掛けるだけ収納その2 ボトム

ボトムは、二つに折ってハンガーに掛けるだけの簡単収納がおすすめです。
仕舞うときの手軽さはもちろん、取り出すときもワンアクションで取り出せます。
また、一度着ても洗濯しないボトムも掛けておけば、通気性についての心配もありません。

3. 子供部屋・自分で管理できるクローゼット

子供クローゼット

子供部屋のクローゼットは、自分のことは自分でできるようになるための練習の場であると言えます。適切なカテゴライズで、子供が自分で管理できるような環境を整えておきましょう。

ポール取り付け

一般的なクローゼットでは、ハンガー等を掛けるポールの位置が子供には届かない位置にあります。つっぱり棒やDIYで、子供の手が届く高さにポールを取り付けるとよいでしょう。

翌日の準備

ハンカチやティッシュ、マスク、ランチョンマットといった、毎日学校に持っていくものは細かくカテゴライズして収納し、子供がそこから一つずつチョイスしていくようにするとよいでしょう。きちんとカテゴライズしておけば、あとは順に取っていくだけなので、準備に迷うことはありません。

4. チェストの中はカゴ種類分けで衣類の雪崩を防ぐ!

ケースで仕切り

子供は着る服を選ぶとき、ついついチェストの中をかき混ぜてしまい、きれいにたたんで仕舞った衣類もぐちゃぐちゃにしてしまうことがよくあります。チェストの中の雪崩を防ぐためにも、カゴやバスケットを使って空間を仕切ることで、雪崩が起きにくい状態にしておくのがよいでしょう。

カテゴライズ Before

カテゴライズ After

カゴを使ってカテゴライズした後は、Tシャツ、半ズボン、長ズボン、ソックスといったように種類別にそれぞれの場所に仕舞うことで、子供がどんなに衣類をかき混ぜても、他のカテゴリの衣類と混ざることはありません。大きな空間の中で、複数の種類のものを管理することは難しいですが、小さな空間の中で、単独種類のものを管理することは簡単です。

番外編 クローゼットをより使いやすくするために!

ポール上のカテゴライズ

ハンガー等をかけるポール上でも、ちょっとした工夫でカテゴライズできます。例えばケーブルクリップでポールをはさむだけで、空間を左右二つに分けられます。春夏ものと秋冬もので見分けのつきにくいスーツなどを、わかりやすく収納するのにも最適。1本のポールを複数人数で使用する場合も、クリップで簡単に人別に分けられます。

一時置きスペース

一度着たけれど洗濯しない衣類の一時置き場を作っておくことをおすすめします。洗濯するほど汚れてはいないけど、洗濯済みの衣類と一緒に仕舞っておくのは気が引ける、という時にも、一時置きスペースなら気軽に置いておけます。一時置きには、カゴやバスケットといった通気性のよいものを選ぶとよいでしょう。

最後に

「掛けるだけ」、「置くだけ」、「選ぶだけ」の収納スペースなら、誰でも迷いなくものの出し入れができます。朝の忙しい時間帯でもスムーズに洋服を選べ、疲れて帰宅した後も簡単に仕舞える…、そんな仕組みにしておくことで 家族のみんなが無意識のうちに、クローゼット内を整えられた空間に保てるようになります。
毎日使うクローゼットこそ、見た目だけにとらわれず、使う人に合わせた収納にしていきましょう。

mkさん プロフィール

mkさん
数年前から片付けと整理整頓に目覚めた3児の母。今では片付けの魅力にすっかりハマり、片付けをすることによって得られる暮らしやすさ、家事の進めやすさ、イライラしない育児を実感し、その片付け効果を全国の悩める主婦(主夫)と共有できるよう、日々発信しています。
著書
片づけ日和 -快適な暮らしを実現させる仕組みづくり- (正しく暮らすシリーズ)
ウェブサイト
IEbiyori

おすすめ商品

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      新着コンテンツ

      アクセスランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ