この記事を読んだ人におすすめの記事×

ダイニングの収納

お家はホッとして、パワーを充電できる、そんな空間でありたい。家族みんなが安らげて笑顔になる暮らしのヒントをお伝えしていきます。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

笑顔収納レッスンのサブテーマ「きずなを深める」

このテーマのメインステージはリビングダイニングにあります。
家族みんなが安らげて笑顔になり、パワーを充電できる、そんな空間で“きずな”を育てて頂きたいと願っています。

第1回笑顔収納レッスン「整理収納とは?」や第5回笑顔収納レッスン「笑顔になれるリビングとは?」に書きましたように、まず、リビングダイニングであなたは何をしたいのか?
どんな暮らしをしたいのか?
を考えてください。

その理想のリビングダイニングでは何を使うか書き出してみましょう。
例えば DVD・趣味のもの・本・雑誌・文具・書類・新聞・リモコン・薬・つめきり・耳かき・おもちゃ・子供の勉強道具・アロマ など

こればかりは家族構成や間取り、生活スタイルによって変わってきます。
1週間くらいリサーチして使用頻度も考えましょう。
それによって、どこに何を収めるか決めて下さい。

今回はリビングダイニングにある大き目の収納スペースを考えてみます。
それぞれ、注意したい収納ルールと合わせてチェックしてくださいね。

収納ルール 使用頻度を考える

まず、家族がリビングダイニングで使う物の使用頻度を考えながら、収納スペースの広さに合った適正量を決めましょう。
使用頻度がとても高い物はここではなく、テーブルの近くなどに収納してください。(詳しくは、次回お話します)

収納ルールをおさえて、スペースを無駄なく活用

収納ルール 入れるものに合わせて収納スペースを区切る

引き出しのスペースを設けると使いやすさがアップします。
中に何を収めるかを考えて収納ケースのサイズを決めて下さい。

収納ルール 引き出しは上から見てすべて見えるように

電池などは種類に分けると使いやすいし、在庫も把握しやすくなります。

収納ルール グルーピング

ガムテープやひもはひとつのグループに!
はさみを一緒に入れておくととても便利です。

収納ルール 見ためもキレイでモチベーションアップ

中身を見せたくない方は白い紙を一枚入れるだけですっきり!
お気に入りのはがきを入れても素敵です。

収納ルール 使う所に収める

掃除用の古布です。いらないTシャツやタオルなど、掃除グッズとして収納できる場所があると便利です。古布は増えがちなので、このケースに入るだけ!と適正量を決めることが重要。
一緒に裁ちばさみも入れてください。
「裁ちばさみは裁縫箱に収納では?」と考えがちですが、実際は裁縫箱でねむっていませんか?
普通のはさみより断然切りやすいので、裁縫で使う頻度より古布を切る頻度が高いならここにセットすることをお勧めします。

収納ルール 使う数だけ持つ

新しい雑巾も適正量と定位置を決めましょう。
我が家では家族全員で床拭きをするので5枚の雑巾が適正量です。

収納ルール 使うときに使いやすく収める

ティッシュの在庫です。(右)残りが2個になったら買い物リストにメモします。在庫が2個あればそんなに慌てて買いにかなくても大丈夫!また、なくて困ることもありません。買ってきたら包装されているビニールを外しましょう。

収納ルール 行動導線を考えた収納

真ん中は読み終わった新聞紙置場です。リビングに置いてゴミ出しの日に移動するか?読み終わったら玄関に置いてゴミ出しをラクにするか?あなたや家族がラクな方を選びましょう。

さいごに

収納ルール 定位置管理

使いやすい場所に定位置が決まったらラベルを貼りましょう。

<ラベルを貼るメリット>

・誰が見ても何がどこに入っているか分かる
・探す時間が短縮され、気持ちがラクになる

でも、見た目が・・・・と思う方には
*KING JIM 「テプラ」
きれいに印字されることですっきり感が増します。

*カモ井加工紙のマスキングテープ「 mt 」
手書きになりますが、豊富なデザインから選ぶことができ、キレイに剥がすこともできます。
私がお客様のお宅で使っているものは字がはっきり読めるタイプを使っています。

是非参考になさってください。
すっきりリビングダイニングで家族のコミュニケーションを増やしてくださいね。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      新着コンテンツ

      アクセスランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ