この記事を読んだ人におすすめの記事×

インテリアグリーン

観葉植物はインテリアにアクセントを加えたい時はもちろん、ストレスをも和らげてくれる優れもの。すぐ枯らしてしまう方はフェイクグリーンがおすすめ。消臭や光触媒等の機能が付いた物もあるのでチェックしてみてくださいね。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

インテリアグリーン

何気なく目にする観葉植物。実は結構意味があるのです。頂いたから置くのではなく、ここに置きたい!という気持ちで置きましょう。

季節は春です。インテリアにもグリーンを取り入れ、ミニリフレッシュしましょう。

POINT 1 目的

グリーンは優れものです。インテリアにアクセントを加えたい時、なんとなくまとまりの無い空間、インテリアグリーンを一つ入れるだけで不思議と調和します。どうぞお試しあれ。

また、目隠し効果もありますね。この場合は葉っぱの茂り具会、バランスが大事で、見え隠れするくらいがちょうどいいです。

その他に部屋のポイントとして置けば、ちょっとした飾り物よりも存在感があります。

POINT 2 これ、本物?

最近のフェイクグリーンは優れもの。本物に近い仕上がりです。

加えて、消臭や光触媒等の機能が付いた物もあります。
その分お値段は高くなりますが、枯れる事が無いので長く使えますし、初めから大きさが確定しているので、成長によってジャングル状態になるのも避けられます。

POINT 3 グリーンの種類

植物の葉の形は色々。細かくボリュームのあるもの、線に見えるもの、オブジェ風に見えるもの、迷ってしまいますね

ボリュームのあるヤシ系はどちらかといえば南国風。よく見かけるのは、ゴムの木、ユッカ系、ベンジャミン系ですね。今時にしたいなら、葉の形の面白いウンベラータやセロームがおすすめです。 他にはコンシナ系も使いやすいグリーンです。

POINT 4 鉢カバー

鉢カバーによっても雰囲気は変わります。陶製でしたら、温かみのあるテラコッタ、白、黒、グレー、色々あります。仕上げが、つや有、つや無しでも印象が変わります。

大事なことは統一する事。いくつも置く場合は、同じ種類にして下さい。大まかに言えばナチュラルならテラコッタか白。モダンなら黒、白、グレーでしょうか。つやがある物はモダンな印象です。

陶器といっても様々

種類を統一すれば いくつ置いてもまとまります

ぬくもりのあるテラコッタ

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      新着コンテンツ

      アクセスランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ