この記事を読んだ人におすすめの記事×

見せる収納を工夫した暮らし

今回ご紹介する、けこさんのお部屋の悩みは収納が少ないとのことですが、工夫された収納ポイントがたくさんありますね!

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

キッチンは一日で一番長くいる場所なので気持ちよくしたいです。
カウンターキッチンに憧れていましたが、予算の関係でこのような形になりました。レンジを収納したくて作ったカウンターはパソコンデスクのリメイクです。
収納にもなるし、子供にお手伝いを頼んだり、ちょい置きしたりとかなり使えます。
キッチンで一人でぽつんと家事をしている感じがなく、開放的です。

エントランスです。壁は2006年8月に珪藻土を塗りました。靴箱は合板が嫌だったので板をペイントし貼り付けました。

リビングはくつろぎのスペースなのでのんびり、ゆったりできるように、大きめのソファを中心に温かみのある感じにしています。

ダイニングはあまりごちゃごちゃさせずにシンプルにまとめています。
木や布など暖かみのある雰囲気が好きです。照明はダクトレールを使い、お気に入りのランプを下げています。

キッチンの出窓はステンレスだったのですが、タイルを貼りました。雑貨も置けるしお気に入りです。
ダイニングとの境に置いてある手作りのカウンターには雑貨をおけるようにニッチを作りました。

子供部屋は、自分のお部屋にいるのが楽しくなるようにしたい!中央にあるポスターを譲っていただいてからマリン系にしたいなと思いました。
スノコとカラーボックスで作った収納にカラフルなおもちゃを入れてます。
机、イス、ライトは無印良品のものです。よく学習机にある前の棚はいらないと思ってシンプルなものを探しました。そのうち教科書を入れる本棚は作ろうと思います。

Working Roomというか、半分は納戸の役割をしています。見えない部分には不要なものが・・・(笑)。
その半分に机を置いて、もっぱらミシンはこの部屋でやっています。
出窓には子供部屋にあるものと同じカラーボックスとスノコの棚を置き横に板を渡して手芸道具を置く棚にしています。
一番上には布を収納・・・結構便利なのです。

プロフィール

■けこ さん(40代/女性)
■築年数:8年
■神奈川県在住
■居住人数:3人
■好きな家具・雑貨店:fudokiさん
■この部屋の好きなところ:キッチンがオープンなので、料理を作りながらの会話も弾むし、家族で料理したりと楽しい。片付けなども楽です。
■この部屋の悩み:収納が少ない。

編集者コメント

今回ご紹介する、けこさんのお部屋の悩みは収納が少ないとのことですが、工夫された収納ポイントがたくさんありますね!
私のお気に入りは、Working Roomの糸の収納です!使いやすいうえに、写真のようなインテリアアクセサリーとしてお部屋のアクセントになっています。
スノコとカラーボックスで作ったという収納も使いやすさ抜群ですね。カラーを白をしたことで、シンプルなお部屋としっかりとなじんでいます。
見せる収納は、あまりごちゃごちゃとモノを置かないことがポイントですよ!みなさんも上手にディスプレイを楽しんでくださいね。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      新着コンテンツ

      アクセスランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ