この記事を読んだ人におすすめの記事×

木の温もりと手作りの暖かみに溢れたお部屋

chimaさんのお部屋は、このまま雑貨屋さんにしてもいいのでは…と思うほどかわいらしい!手作りされた棚と使い込まれた家具、小物たちがうまく調和して、どこか懐かしいような雰囲気を醸し出しています。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

我が家のリビングは8畳と、決して広くありません。
そのためなるべく広く見せるために、高さがない家具を選んでみました。
その甲斐もあってか、8畳の割には少しだけ広く見えるかなーなんて思っています。

出窓の下には小さなキャビネット。
味のある木の感じがとっても気に入っています。 お気に入りの器などを飾りながら収納しています。

見てるとなごむ、さびさびフック。

レターラックを白くペイントしてランチョンマットやコースターを収納。

旦那に作ってもらった棚。とっても気に入っています。季節によって少しづつディスプレイを変えてみたり。

ずっと欲しかった古い医療棚。この棚のおかげで部屋の雰囲気がとてもよくなりました。大好きな和食器や手作りした鍋つかみなどを収納しています。
隣の棚は元はこげ茶色だったのを白くペイント。
古びた感じを出すためにやすり掛けをしてみました。

我が家のキッチンは、部屋と部屋の間の廊下にあるので、とっても狭くて食器棚も置けません(涙)
また、壁紙も好みでない模様が入っていたりと、最初は悩みばかりでした。
そこで、自分たちで何とかするしかない!と思い、まず壁をミルキーホワイトに塗り、そこに棚やフックを取り付けてみました。 頑張ったおかげで、今は1番大好きな場所になりました。

ガスコンロの脇にはフックを付けてフライパンやふたを掛けています。

ベッドルームに置いてある、大好きなfudokiさんで買った棚にはお気に入りのポットや和食器を。

ベッド脇にはミシンコーナー。
fudokiさんで購入した椅子に座って手作りをします。

玄関は手作りのものが多いです。
初めて作ったのが玄関脇の植物棚でした。 雑誌に載っていたものが気に入って、旦那にお願いして同じ感じに作ってもらいました。

プロフィール

  • ■chima さん(30代/女性/会社員)
  • ■一戸建て/間取り:3K
  • ■築年数:12年
  • ■栃木県在住
  • ■居住人数:2人
  • ■好きな家具・雑貨店:fudoki、SHOZO
  • ■この部屋の好きなところ:2階なので日当りがいい
  • ■一部屋一部屋がこま切れで狭い
  • ■HP:key of Life

編集者コメント

chimaさんのお部屋は、このまま雑貨屋さんにしてもいいのでは…と思うほどかわいらしい!手作りされた棚と使い込まれた家具、小物たちがうまく調和して、どこか懐かしいような雰囲気を醸し出しています。 ディスプレイのところどころにkeyがちりばめられているのがポイントですね(*chimaさんのHPの名前は「key of Life」です)。 生活空間として成り立ちながらも、上手に「ディスプレイ」されているところが素敵です!

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      新着コンテンツ

      アクセスランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ