この記事を読んだ人におすすめの記事×

キッチン小物のバラバラを解消する簡単収納術

映画「めがね」と「かもめ食堂」の北欧暮らしを思い描きながら、理想のスタイルを追求しているMIさん。家族みんなが暮らしやすい、使いやすい収納術をお届けします。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

毎日忙しく動くキッチンには、たくさんのバラバラとしてしまいがちなものがたくさん!
でも必要なものばかりなので、無くしてしまうわけにはいきません。

バラバラとしたものが定位置に収納できると、それだけでスッキリと見えるから不思議。
我が家で困っていたものを長年かけて使いやすい収納にしたキッチンの小物を今回まとめてご紹介しようと思います。

必ず1つはどのご家庭にもあるものだと思いますので、参考にして頂けたら嬉しいです。

つまようじや輪ゴムは瓶に入れてスッキリ!

使う頻度が高く、小さくて細々したものといえば、 「つまようじ」と「輪ゴム」ですね!
もともとから容器に入った状態で販売されていますが、出しっぱなしではちょっと 残念なパッケージのものが多い・・・。

そこで我が家では、瓶を使って収納しています。 爪楊枝は透明な容器のまますっぽり入るものがあると移し替える手間もなく 便利です。輪ゴムは、瓶に入れておくと残量が分かりやすく取り出しやすいので お勧めです。

パーツの多いブレンダーはメイクボックスにまとめて

最近レシピ本も多く発売されている「ハンドブレンダー」 。
1つあると、料理の幅も広がり、時短にもなるので大好きな調理器具です。

ただ1つ、難点はパーツが多いこと。 付属されているパーツすべてを頻繁に使うわけではなく、 使うものが意外と限られています。

そこで我が家では、引き出しに収まるメイクボックスを2つ使って収納しています。なぜ2つに分けるのかというと、よく使うパーツを1軍、あまり使わないパーツを2軍とし手前に1軍、奥に2軍を収納しています。取り出しやすくしまいやすいので、忙しい時間にとても重宝する収納方法です。

計量カップはワイヤーバスケットで定位置を決める

毎日のお料理に使う計量カップ。
我が家では2種類のサイズの計量カップを愛用しています。 以前は引き出し収納にそのまま入れていましたが、現在はワイヤーのバスケットを使って収納しています。

バスケットに入れるなど収納場所がはっきりしていると、使い終わったあとに 戻す作業がスムーズ!ちょっとしたことですが、格段に時短につながっています。

小さな箸置きはペンケースに入れて収納

食卓におしゃれをプラスしてくれるアイテムといえば「箸置き」 。
私も大好きで何種類か持っています。

小さいからとついついかわいいものを見つけると買ってしまうんですよね!収納場所は、ペンケース。立てて収納することもできるので、収納スペースも少なくて済むところも気に入っています。 ケースを開いたときに、全てを見渡せるのも選ぶ楽しみが増えますね!

最後に・・・

バラバラとしたものが片付き、いつもスッキリしたキッチンを維持することができています。

バラバラとしたものほど、使う頻度が高いので、家事の時短にも繋がりますね!今回ご紹介した中に、1つはお困りのものはありましたか? 是非参考にして頂けたら嬉しいです。

MIさん プロフィール

MIさん
映画『かもめ食堂』と『めがね』に憧れて、北欧風の暮らしやすさを目指している人気インテリアブロガー。家族みんなの暮らしやすさと、北欧のデザイン性にこだわった素敵なお部屋にお住まい。
著書
めがねとかもめと北欧暮らし。(宝島社)
「めがねと かもめと 北欧暮らし。」 心地よい片付けの法則 (KADOKAWA)
ウェブサイト
めがねとかもめと北欧暮らし。

おすすめ商品

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      新着コンテンツ

      アクセスランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ