この記事を読んだ人におすすめの記事×

収納のコツ ~収納用品の基本サイズを知ろう~

引出しケースやカラーボックスなどの市販の収納用品から、収納に便利な空き箱まで、一般的な基本サイズをご紹介いたします。この感覚をつかめば、収納がスムーズに進みます!

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

上手な収納には、ちょうどいいサイズの収納用品が欠かせません。 収納するものや収納スペースによって、サイズを吟味して選びましょう。 そこで、今回は引出しケースやカラーボックスなどの市販の収納用品から、収納に便利な空き箱まで、一般的な基本サイズをご紹介いたします。 この感覚をつかめば、収納がスムーズに進みます!

※表記されているサイズは、あくまで一般的なサイズです。全ての収納用品にあてはまるわけではありません。

引き出しケース

衣類やタオルなどの収納に便利な引出しケースは、大きく分けて押し入れ用とクローゼット用の2タイプです。 まずは奥行に合わせてサイズを選んでみましょう。

■押入れ用(奥行74cm程度)幅は39cmと44cm程度の2種類が主流

■クローゼット用(奥行55cm程度)幅は30~45cmの間が主流

高さ18cmの引き出しに入れる物

薄型の引出しは、Tシャツ・下着・靴下などの細かい物を、立ててしまうのに適しています。

高さ23cmの引き出しに入れる物

ジーパン・セーター・トレーナーなど、ある程度ボリュームのある物に適しています。こちらも立てて収納すると便利です。

高さ30cmの引き出しに入れる物

フリースやニットなどの厚手の洋服や、大判のバスタオルなどに適しています。

高さ35cmの引き出しに入れる物

ジャンパー・スキーウエアなど、厚手の物。タオルケットなどかさばる物を収納しましょう。

カラーボックス

段数やカラーなどのバリーエーションは豊富なカラーボックス。縦置きだけでなく、横に置いて使えば用途の幅が広がります。

一般的なカラーボックスが、縦置きだとA4サイズファイルや雑誌が入りません。 カラーボックスを横に寝かして置けば、A4サイズも可能に。 A4サイズが入るタイプのカラーボックスも販売されていますので、そちらを使うのも手です。

A4ファイルボックス

A4サイズの書類や雑誌用のファイルボックスは、縦長い物の収納に便利!実際にどのくらい物が入るのか、収納の目安にしてみてください。

ボトル調味料 3本

洗剤類の詰め替えパック5~6個

ラップ・ホイル類 12本

空き箱:ティッシュボックス

どこの家庭にもあるティッシュの空き箱。定期的にゴミとなるこの箱を使わない手はありません!使う時は、箱の上面を内側に折り込むなどして補強をしましょう。

ポケットティッシュ 20個

文庫本 15~16冊

ハンドタオル 5枚

空き箱:洗剤容器

丈夫な造りが魅力の、粉石けん用の洗剤容器。しっかり洗って、フタを取って活用します。

ラップ&ホイル類 6本

洗剤類の詰め替えパック 3個

他にもこんな物も…

CD…8枚:よく効くものだけピックアップして、すぐ手の届くところに。
ハガキ…約300枚

本多弘美先生のプロフィール

収納アドバイザー。神奈川県出身。
1993年に専業主婦から収納アドバイザーに転身。
身近な物を利用した、生活に根ざした収納アイデアが好評。
現在、テレビや雑誌、講演などで大活躍中。

著書
『インテリア以前の収納・掃除の常識』(講談社)
『そうじ以前の整理収納の常識』(講談社)
『家事・収納アドバイザー本多弘美のラクラク収納術』(辰巳出版)
『パパっときれいすっきり!時短家事術』(だいわ文庫) 他多数
HP
あら?オール玉手箱
あら?オール収納箱

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      本多先生の毎日の収納新着

      本多先生の毎日の収納ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ