この記事を読んだ人におすすめの記事×

カラーボックスで手作りシステム収納

主婦だって、プライベート空間や作業用のデスクが欲しい!」それなら、押し入れを利用した「押し入れデスク」を作ってみませんか?毎日家族のために家の中を整えているけど、時々は自分だけの趣味に没頭する…そんな夢を叶えてくれます。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

材料

カラーボックス

A4ファイルサイズ…2個

天板用の板

1枚

パイプハンガー

1台

コーナー用金具

金具用のネジ…2個

ファイルボックス

A4サイズ…18個

作り方

ステップ1

間隔をあけたカラーボックスの上に、天板を乗せただけの簡単構造!カラーボックスの中には、ファイルボックスを1マスあたり3つずつ入れます。(A4ファイルサイズのカラーボックスの場合)

ステップ2

カラーボックスと天板を、コーナー用金具等を使って、しっかり留めましょう。ここをしっかり留めることで、天板の上にも物を置くことが出来ます。

ステップ3

カラーボックスの間には、パイプハンガーをはめ込みます。そのままパイプハンガーを外に出して使うよりも、天板で高さがそろうのでお部屋全体の印象がすっきりします。

収納するものに合わせた収納アイテムを選ぼう!

一般的なカラーボックスは、立てて使用すると書籍や雑誌が入りません。書籍や雑誌をする場合は、A4ファイルが入るタイプのカラーボックスを使用しましょう。この場合、カラーボックスに1マスにファイルボックス3つがちょうど収まります。

書籍や雑誌などを収納せず、一般的なカラーボックスを使用する場合は、カラーボックス用のインナーボックス等を使います。収納する物に適したインナーボックスですっきり収納を目指しましょう。

本多弘美先生のプロフィール

収納アドバイザー。神奈川県出身。
1993年に専業主婦から収納アドバイザーに転身。
身近な物を利用した、生活に根ざした収納アイデアが好評。
現在、テレビや雑誌、講演などで大活躍中。

著書
『インテリア以前の収納・掃除の常識』(講談社)
『そうじ以前の整理収納の常識』(講談社)
『家事・収納アドバイザー本多弘美のラクラク収納術』(辰巳出版)
『パパっときれいすっきり!時短家事術』(だいわ文庫) 他多数
HP
あら?オール玉手箱
あら?オール収納箱

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      本多先生の毎日の収納新着

      本多先生の毎日の収納ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ