この記事を読んだ人におすすめの記事×

収納の基本…捨てるコツ

収納を成功させるコツは、持ち物の絶対量を減らすことです。不要な物は処分する習慣を付けましょう。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

今回は、収納を考える上で避けては通れない「捨てるコツ」についてポイントを紹介します。
収納を成功させるコツは、持ち物の絶対量を減らすことです。
経験的に、家の中の物は1/2が「いるモノ」、1/4が「いらないモノ」、残り1/4が「迷うモノ」というのが平均的のようです。
不要な物は処分する習慣を付けましょう。

あふれたもの

「本は本棚に入るだけ」「クローゼットの服はハンガーの数だけ」など、定量を決め、オーバー分を処分の目安にしましょう。

壊れたもの

壊れて使えなくなった物、痛みや汚れがひどく、今後使いそうにない物は処分!
でも、直してでも使いたいものは保管を。

使わないもの、使わなくなったもの

流行遅れになってしまった物や、今後使わない物、また、以前は使っていたけど今は使わなくなってしまった物などは、積極的に処分しましょう。

忘れていたもの

引き出しや箱の中に入っている物などで、開けてみないと中身が思い出せないものは、必要がない物!と思い切って処分しましょう。

期間で決める

保存期間や使用期間を決めてみましょう。
「1週間考えて捨てる」「1年使ってみて捨てる」「3ヶ月たった雑誌は捨てる」など、期限のルールを決めると迷っていたものも思いきりがつきます。

なくても困らないもの

なくても不便を感じないものは「いらない物」と判断。なければ困るものだけを残しましょう。

片付けのワンポイント

「片付けは大変だからやりたくない…」そんな風にならないために、次のことに気をつけてみましょう。

<場所を限定する>
整理するエリアを限定します。一度にやろうとせず、「今日はこの引き出し」と言う風に無理のない範囲で!

<時間を決める>
片付けの時間を5分・10分と決めましょう。制限時間をつくると迷う暇がなく効率よく作業できます。

<5秒で判断>
いる物といらない物は「5秒で判断」。5秒以上悩んだ物は「迷うもの」です。

本多弘美先生のプロフィール

収納アドバイザー。神奈川県出身。
1993年に専業主婦から収納アドバイザーに転身。
身近な物を利用した、生活に根ざした収納アイデアが好評。
現在、テレビや雑誌、講演などで大活躍中。

著書
『インテリア以前の収納・掃除の常識』(講談社)
『そうじ以前の整理収納の常識』(講談社)
『家事・収納アドバイザー本多弘美のラクラク収納術』(辰巳出版)
『パパっときれいすっきり!時短家事術』(だいわ文庫) 他多数
HP
あら?オール玉手箱
あら?オール収納箱

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      新着コンテンツ

      アクセスランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ