この記事を読んだ人におすすめの記事×

キッチン収納ボックス

キッチンの収納の悩みを身近な素材「カラーボックス」と「棚板」、そして「段パネ(プラスチック製段ボール)」を利用して、オリジナル食器棚を作ります。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

冷蔵庫は、毎日使っているはずなのに、うっかり賞味期限を切らしてしまったり食品を詰め込みすぎて、何が入っているのか分からなくなったりしていませんか?詰め込みすぎると、冷気が全体に行き届かず、電気代にも悪影響。
そんな冷蔵庫の上手な収納方法をご紹介!

手作りハネ上げ式扉で目隠し!

棚のごちゃつきが気になる時は、ファブリックを利用して目隠ししてみては?ハネ上げ式扉も手作りできますのでトライしてみてください。

1 扉を作ります。
段パネ(プラスチック製ダンボール)を2枚用意します。段パネの間に同サイズでカットした布を挟み、周囲を書類ホルダーで挟んで固定します。

2ハネ上げの仕掛けを作ります。
カラーボックスの上端にアルミチャンネルをネジで固定します。次に、平型コード止め数個で麻ヒモを留めていきます。

3 扉に麻ヒモを通します。
扉2箇所に穴を開け、麻ヒモを通します。扉の上端2箇所にキリなどで穴を開け、麻ヒモを通します。扉を下ろした時、丁度良い位置になる様ヒモの長さを調節してとめます。

取り出しやすいスライド棚板

必要な高さに切った端板とアルミチャンネルを両面テープで接着し、アルミの溝に棚板を通せば出来上がり。
棚板の全面に取っ手をつけて、さらに便利なスライド棚になりました。

専用のグッズもありますので、手作りが苦手な方は利用してみて下さい。

カトラリーは木製トレーに入れて

カトラリーの様な細々したものは、木製のカトラリートレーに入れてから収納。
しっかりした木製トレーなら2段重ねにしてもOK。

本多弘美先生のプロフィール

収納アドバイザー。神奈川県出身。
1993年に専業主婦から収納アドバイザーに転身。
身近な物を利用した、生活に根ざした収納アイデアが好評。
現在、テレビや雑誌、講演などで大活躍中。

著書
『インテリア以前の収納・掃除の常識』(講談社)
『そうじ以前の整理収納の常識』(講談社)
『家事・収納アドバイザー本多弘美のラクラク収納術』(辰巳出版)
『パパっときれいすっきり!時短家事術』(だいわ文庫) 他多数
HP
あら?オール玉手箱
あら?オール収納箱

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      本多先生の毎日の収納新着

      本多先生の毎日の収納ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ