この記事を読んだ人におすすめの記事×

洗面台下の技ありラック収納

洗面台下のスペースに、買ってきた洗剤やシャンプーのストックなどをそのまま置いていませんか?ただ置いただけでは無駄なすき間を作るだけ。限られた空間を利用して、より多く収納できるよう工夫してみましょう。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

洗面台下のスペースに、買ってきた洗剤やシャンプーのストックなどをそのまま置いていませんか?
ただ置いただけでは無駄なすき間を作るだけ。限られた空間を利用して、より多く収納できるよう工夫してみましょう。
どんなにたくさん入っても取り出しにくくてはダメ。湿気もこもります。棚やカゴを利用して「風通しの良い収納」を心掛けましょう。とにかく避けたいのは物の直置き。ごちゃつきの一番の原因になります。

組み立て式ラックを活用

洗面台の下はスペースが限られているので、効果的に空間を使う必要があります。小型の組み立て式のラックなら、排水管をよけて組み立てができるので、こんな場所に最適。また、入れたいカゴの高さに合わせて棚位置を設定できるので、無駄がありません。

半透明のラックを利用すれば、内容も分かるのでストックの出し入れにも迷うことなし!

すき間や底面には手作り板

「ラックと排水管のパイプのわずかなすき間も活用したい!」そんな時は、段パネなどの板を自分でカットして、棚板を作ってしまいましょう。細かい物も置けるようになって一石二鳥!

スプレー洗剤は引っ掛け収納

手前につっぱり棒を一本取り付けて、スプレー式洗剤のハンドルの部分を引っ掛けます。一列にきれいに並ぶのでストック量が把握しやすく、すぐ取り出せるのが魅力。

体重計は取り出しやすく

一番下に置きたい重い体重計は、その下にボードを敷くだけで取り出しやすさが断然違います。取っ手をつけて、手前に引き出しやすいよう工夫しましょう。

扉の裏に粘着フックを張って収納力アップ

忙しい時にさっと取り出したいドライヤーなどは、扉の裏面に粘着フックを貼って吊り下げ収納すれば、見た目もすっきり。

フックをつける時は、扉を閉じた時に吊り下げたものが中の収容物に当たらないかをチェック。

本多弘美先生のプロフィール

収納アドバイザー。神奈川県出身。
1993年に専業主婦から収納アドバイザーに転身。
身近な物を利用した、生活に根ざした収納アイデアが好評。
現在、テレビや雑誌、講演などで大活躍中。

著書
『インテリア以前の収納・掃除の常識』(講談社)
『そうじ以前の整理収納の常識』(講談社)
『家事・収納アドバイザー本多弘美のラクラク収納術』(辰巳出版)
『パパっときれいすっきり!時短家事術』(だいわ文庫) 他多数
HP
あら?オール玉手箱
あら?オール収納箱

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      本多先生の毎日の収納新着

      本多先生の毎日の収納ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ