この記事を読んだ人におすすめの記事×

配膳カウンター

ゴミ箱や収納ワゴンを散漫に並べて、その上の空間をムダにしていませんか?そんな場所にカラーボックスを2個並べ(間を開けてOK)、その幅ピッタリの天板を載せればカウンターはすぐ作れます。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

ゴミ箱や収納ワゴンを散漫に並べて、その上の空間をムダにしていませんか? そんな場所にカラーボックスを2個並べ(間を開けてOK)、その幅ピッタリの天板を載せればカウンターはすぐ作れます。

カラーボックスに棚を作って収納力アップ!

白い板から棚板1枚と棚受け用2枚をカット。イラストのようにコの字にセットすれば、収納しやすい高さに二分割できます。

スライド棚でさらに取りやすく

ポイント1の棚をスライドさせるには、棚受けの板の上にアルミチャンネルをプラス(両面テープで接着)。直接のせた食器が取りやすくなります。

扉を使ってごちゃつき棚をカバー

あまり使わない場所のホコリよけや、おおざっぱにしまった食品類の目隠しをしたいときは、カラーボックス用の扉などを利用しましょう。

天板には耐熱プレートを利用

天板には強化ガラス製のプレートをのせれば、熱い鍋も直接置けて使い勝手がアップします。

カウンターの壁面も活用

カウンターの天板の上が広々していると、つい物をのせたくなりますが、「ここは配膳場所」と肝に銘じて下さい。壁面を簡単に利用する方法をご紹介します。

ランチョンマットを折り上げ、両脇と上を画びょう止めすれば、ポリ袋入れポケットになります。
同じマットも折って上だけ画びょう留めすると、横から差し込むラップホルダーに変身。

本多弘美先生のプロフィール

収納アドバイザー。神奈川県出身。
1993年に専業主婦から収納アドバイザーに転身。
身近な物を利用した、生活に根ざした収納アイデアが好評。
現在、テレビや雑誌、講演などで大活躍中。

著書
『インテリア以前の収納・掃除の常識』(講談社)
『そうじ以前の整理収納の常識』(講談社)
『家事・収納アドバイザー本多弘美のラクラク収納術』(辰巳出版)
『パパっときれいすっきり!時短家事術』(だいわ文庫) 他多数
HP
あら?オール玉手箱
あら?オール収納箱

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      本多先生の毎日の収納新着

      本多先生の毎日の収納ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ