この記事を読んだ人におすすめの記事×

リビングラック

テレビ周りは、リビングの小物や雑貨が溢れて雑然とした雰囲気になりがちですね。そんな時は、カラーボックスと棚板でテレビをぐるっと囲んだリビングラックを作りませんか?大きな家具は買いたくない…そんな方にもオススメの収納ラックです。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

テレビ周りは、リビングの小物や雑貨が溢れて雑然とした雰囲気になりがちですね。 そんな時は、カラーボックスと棚板でテレビをぐるっと囲んだリビングラックを作りませんか? 大きな家具は買いたくない…そんな方にもオススメの収納ラックです。

テレビとカラーボックスの面を揃える

ポイントは、テレビ・テレビ台・カラーボックスの前面をぴったり揃えることです。

カラーボックスとテレビの奥行きは、同じではないので、奥行きのあるテレビに、カラーボックスを揃えます。

棚板は、テレビをはさんだ左右のカラーボックスの全長と、テレビの奥行きを計ります。ホームセンターなどでカットサービスがありますので有効利用して下さい。

ファイルボックスで隠す

リビング周辺の収納は、いろいろな種類を使うとそれだけで雑然とした印象になりがちです。そんな時は、収納ケースを1~2種類に揃えてしまいましょう。

例えば、A4のファイルケースを使っていても、収納するものは雑誌だけでなくとも良いのです。リビングやテレビまわりの雑貨や小物を収納しましょう。

アクセントになる収納ケースにしまう

収納ケースのカラーを統一するとスッキリとした印象になります。そこに、アクセントカラーとなる収納ケースも加えて、インテリアを演出してみましょう。アクセントカラーは、1割から2割に留めるのがポイントです。

本多弘美先生のプロフィール

収納アドバイザー。神奈川県出身。
1993年に専業主婦から収納アドバイザーに転身。
身近な物を利用した、生活に根ざした収納アイデアが好評。
現在、テレビや雑誌、講演などで大活躍中。

著書
『インテリア以前の収納・掃除の常識』(講談社)
『そうじ以前の整理収納の常識』(講談社)
『家事・収納アドバイザー本多弘美のラクラク収納術』(辰巳出版)
『パパっときれいすっきり!時短家事術』(だいわ文庫) 他多数
HP
あら?オール玉手箱
あら?オール収納箱

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      本多先生の毎日の収納新着

      本多先生の毎日の収納ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ