この記事を読んだ人におすすめの記事×

【突っ張り棒】突っ張り棒を使いこなした収納アレンジ法

一家に1本はあるというくらい、突っ張り棒はお馴染みの道具になっています。隙間をちょっと活用したい時、壁に固定したくない時など、気軽に使える道具です。でも、意外と型どおりの使い方をしているかもしれません。まだまだいろんな場面で使える、突っ張り棒の活用法をチェックしてみましょう。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

【突っ張り棒】突っ張り棒を使いこなした収納アレンジ法

一家に1本はあるというくらい、突っ張り棒はお馴染みの道具になっています。隙間をちょっと活用したい時、壁に固定したくない時など、気軽に使える道具です。でも、意外と型どおりの使い方をしているかもしれません。まだまだいろんな場面で使える、突っ張り棒の活用法をチェックしてみましょう。

  1. 1.吊り下げ用に使う
  2. 2.棚の代わりに使う
  3. 3.縦方向に使う
  4. 4.間仕切りに使う

1.吊り下げ用に使う

突っ張り棒は、水平に突っ張らせるだけで固定できて、ネジや工具などがいりません。家具や壁を傷つけずにすむので、賃貸住宅でも安心です。たとえば、小さな窓や扉のない棚を布で目隠ししたい時に突っ張り棒を使うと、簡単にカフェカーテンが掛けられます。

また、家具と家具の間や、壁と家具の隙間を収納スペースとして有効利用できます。吊り下げるものが重たくなければ、ごく一般的な突っ張り棒でOK。洋服をたくさん引っ掛けるような使い方をする時には、棒の耐荷重を調べましょう。また、壁は下地のある所にしっかりと突っ張らせるようにすることが肝心です。

★アレンジのポイント
・タンスと壁との間にできた隙間を使って、バッグを吊り下げ収納すると片付けやすい
・クローゼットのハンガーパイプの下半分の位置に、突っ張り棒をセットすると、服の上下2段掛けが簡単にできる
・洗面台下の収納や洗面所の隙間を使って、スプレーボトルを吊り下げるとサっと出し入れできて便利
・浴室の天井近くに突っ張り棒を渡して、シャンプーなど入浴用品をカゴに入れて吊り下げておくと、片付けやすく自然と水切りもできる
・玄関の隙間や下駄箱の中に、棒2本を段違いにセットしておくと、長傘と折り畳み傘が収納できる
吊り下げ用に使う

<アイリス収納・インテリアドットコムのおすすめ商品>

2.棚の代わりに使う

突っ張り棒を水平に2本渡せば、それだけで棚のような使い方ができます。棚板が足りなくて困ったときに、すぐに増やせて簡単です。ただし、重たい書籍や割れたら困る食器をしまう時には、注意が必要です。その際には重量用の頑丈な突っ張り棒を選んで、しっかりと固定させて、時々緩みがないことを確認するようにします。

また、棚板が付属している突っ張り棚を使うと、壁に固定するまでもない使い方をしたい時に便利です。たとえば、洗面所やキッチンなどにある、細かい小物整理に役立てることができます。取り付ける位置や場所を変えたい時にも、突っ張り棒ならサっとできて簡単です。

棚の代わりに使う
★アレンジのポイント
・食器棚に並べた食器の上に突っ張り棒を平行に2本渡せば、トレイやランチョンマットが収納できて、空きスペースが有効利用できる
・棚のないトイレに突っ張り棒をセットすると、ペーパー類の収納に使える
・キッチンの流しの下に棚が付いていない場合に、突っ張り棒をセットすれば、鍋やボウルなどが立体的にしまえて出し入れしやすくなる

<アイリス収納・インテリアドットコムのおすすめ商品>

伸縮棚 NST-65・NST-75
≪ねじや釘を使わずに壁にしっかり固定≫
超強力伸縮ワイド棚

3.縦方向に使う

突っ張るというと、横方向に使うことが多いのですが、上下の縦方向にセットすると、さらに使いみちが広がります。戸棚の中の棚板同士の間のように小さなスペースをはじめ、室内の床やダイニングキッチンのカウンターと天井の間のように大きなスペースまで、棒の長さを調節して便利な使い方ができます。

縦方向に使う
★アレンジのポイント
・食器棚の中に立てて並べたトレイが倒れないようにつっかえ棒として使うと、出し入れが簡単になる
・2本の棒の間にメッシュパネルを取り付けて引っ掛け収納として使うと、キッチンや洗濯機廻りなどでの収納不足が解消できる

<アイリス収納・インテリアドットコムのおすすめ商品>

メッシュパネル伸縮棒 MPA-P120・P280
メッシュパネル伸縮棒 MPA-P120・P280

≪メッシュパネルを間仕切りとして使用するための伸縮棒≫
メッシュパネル伸縮棒 MPA-P120・P280

4.間仕切りに使う

間仕切りに使う

突っ張り棒とパネルを組み合わせて、部屋の間仕切りとして使うことができます。玄関や子ども部屋などにハンガーラックや棚を置かなくても、上着やカバンなどが片付けやすくなります。

突っ張り棒は横にも縦にも使えて、アイディア次第で応用できる便利な道具です。
棒の長さや太さ、色の種類がいくつかあるので、使う場所や用途、見た目を考えて選びましょう。


<アイリス収納・インテリアドットコムのおすすめ商品>

プロフィール
すはらひろこ (片づくおうちプランナー)
一級建築士、インテリアコーディネーター
株式会社アビタ・クエスト代表取締役


共働き経験をいかした収納術とおしゃれなインテリアで、雑誌のビフォアアフター企画でも活躍。 TV東京TVチャンピオン【お部屋リフォーム王】、TBS系「王様のブランチ」、NHK総合「あさイチ」ほかテレビ・ラジオ出演や講演、著書など多数。
総合情報サイト【オールアバウト】で収納ガイドを務め、連載記事は幅広い読者層に好評。
著書:『1分からはじめるかたづけ術』(だいわ文庫)
『朝、着る服に迷わないハッピー収納術』(大和書房)
ほか

すはらひろこ

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      新着コンテンツ

      アクセスランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ