この記事を読んだ人におすすめの記事×

第2回 なんちゃって梁(はり)

人気ブロガーさんに「手作り」や「DIY」のコツを教えてもらいましょう!今回は、なんちゃって梁(はり)です。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

第2回 なんちゃって梁(はり)

完成画像

室内に梁があるとナチュラル感がアップするかな?そう思いまして後付けの”なんちゃって梁”×(2本)を取り付けてみました^^

材料
  • 水性ペンキ
  • WAX
  • ネジ
  • ボード用アンカー
    ※天井などの石膏ボード面にビス打ち込むための部品です。
  • ビス
道具
  • スケール
  • ノコギリ
  • インパクトドライバー(電動ドライバー)
  • カンナ
  • カッタ―
  • ノコヤスリ
  • 手袋
step01

-5ミリ程控えた長さをノコギリ等でカットします

梁を取り付けたい位置の全長より、-5ミリ程控えた長さをノコギリ等でカットします。
天井に接する板に、アンカー用の下穴(直径6.5ミリ)を開けておきます。天井のボードにビスを効かせるので、30~50センチの間隔で下穴を数か所開けておきました。(※今回は太さ5ミリ×長さ50ミリのビスを使いました。)

ワンポイント

天井に板を打ち付ける際は、ネジやビスだけでなくボード用アンカーを使うと、しっかり固定できます。

天井に板を打ち付ける際は、ネジやビスだけでなくボード用アンカーを使うと、しっかり固定できます。

step02

四角い梁を作りますカンナやカッタ―、ノコヤスリ等で多少エイジング加工をし、古い質感を演出しておきます^^

天井に接する面、側面のニか所のみボンドをつけて、ネジでしっかり固定します。下面部分はボンドをつけずに、ネジで仮止めの状態にし、四角い梁を作ります。(下面は、取り付けの際に外すので)
四角い梁ができましたら、カンナやカッタ―、ノコヤスリ等で多少エイジング加工をし、古い質感を演出しておきます^^
※エイジング加工とは・・・ 新しいものにキズや塗装を施して、年月が経たように見せる手法

step03

ホワイトなど数種類をブレンドし、適度な色を塗り込みます半乾きの状態のうちに、布などで適度に余分な色を剥がしておきます

ホワイトなど数種類をブレンドし、適度な色を塗り込みます。長さがあるので、室内用ローラー等で塗ると飛び散りが少なく早いです。
半乾きの状態のうちに、布などで適度に余分な色を剥がしておきます。今回は、インテリアの全体の色を統一するのに白を使いました。

step04

梁を取り付けたい天井の位置に、下面をはずした梁をあてがって、開けておいたアンカー用の穴位置がわかるように、天井に印をつけます梁を取り付けたい天井の位置に、下面をはずした梁をあてがって、開けておいたアンカー用の穴位置がわかるように、天井に印をつけます

梁を取り付けたい天井の位置に、下面をはずした梁をあてがって、開けておいたアンカー用の穴位置がわかるように、天井に印をつけます。印をつけたら、一旦、梁を下に置きます。
そうしましたら、アンカーをドライバーでねじ込み、再度梁を先程の位置へ戻します。それをビスで固定したら、天井への固定は完成です。

step05

最後に、取り外していた下面の板をはめ、仮止めの時に明けたネジ穴にネジを締めていけば完成です

最後に、取り外していた下面の板をはめ、仮止めの時に明けたネジ穴にネジを締めていけば完成です。下面を一度外すことで、ややこしい体勢の作業を、より簡単でスピーディーに仕上げる事が出来ます。

完成!
完成!
katu and iさんより
本来の梁と機能が大きく違って今回付けたのはあくまでイミテーションです。天井のボードの強度的な問題もありますので一本モノではなく、軽さを最優先し軽量な杉板を使用しました。中を空洞にすることで、軽さと外に大きなネジを見せない美観を両立させてみました(笑)

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      人気ブロガーさ...新着

      人気ブロガーさ...ランキング

      総合新着

      総合ランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ