この記事を読んだ人におすすめの記事×

子供が自分で身支度できる押入れ収納

今回は、お子さん自身で朝の身支度ができるようになって欲しいと願うT様のお宅に訪問!引き出しが重くて、高さがあるので出し入れしにくいそうです。またお母さんの趣味の手芸グッズも、取り出しにくいそうです。果たしてお子さん自身で朝の身支度ができて、手芸グッズも取り出しやすい押入れになるでしょうか?

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.png?jp.co

目次

子供が自分で身支度できる押入れ収納

before
before画像

<T様のプロフィール>

住居形態:
マンション
家族構成:
4人家族(お子さま2人)
困っている場所:

和室の押し入れ

今回は、お子さん自身で朝の身支度ができるようになって欲しいと願うT様のお宅に訪問!引き出しが重くて、高さがあるので出し入れしにくいそうです。 またお母さんの趣味の手芸グッズも、取り出しにくいそうです。果たしてお子さん自身で朝の身支度ができて、手芸グッズも取り出しやすい押入れになるでしょうか?

大原 友美 収納達人
大原 友美

T様のお悩み

押入れで使っている引き出し収納に、たくさんのモノを詰め込んでいるので開け閉めしづらく、高さもあるので子供1人では洋服を取り出せません。いつも私(ママ)が子供の洋服などを準備しています。また趣味の手芸の材料・道具が散在して収納しているので、わかりやすい収納にしたいです。

お悩み解決スタート

まずは問題点からみていきましょう!

まずは問題点からみていきましょう!
収納達人の分析 問題点
  • ・お子さんのモノを押入れの中段スペースに収納するのは、お子さんの背丈と高さが適していない。
  • ・どこに何が収納されているか、わかりにくいため、お子さん1人では準備しにくい。
  • ・手芸などの小さいモノを、大きな引き出しに収納するのは不向き。
大原 友美さん

問題を踏まえて、お子さん1人で朝の身支度ができる仕組みを作ることと、お母さんの手芸用品も取り出しやすいように考えていきます!

対策

  • お子さんの背丈にあった収納ボックス・収納スペースを考える。
  • 収納しているモノがわかるように、引き出しごとにラベルを貼る。
  • お子さんでも簡単に開け閉めできる収納を使う。
  • 手芸・道具をしまいこまずに、ワンアクションで取り出せる仕組みを作る。
ロングチェスト 3段

今回使うアイテムは・・・

お子さんでも引き出しを開け閉めしめしやすい金属レール搭載。
ウッドトップチェスト

インナーボックス

お子さんの背丈に合った収納で、お片づけしたくなる!
スタックボックス扉付き

カラー編みバスケット【浅型】

手芸や道具を1カ所に収納して管理しやすく!
カラーボックス

対策に基づいてどんなものを作るかシュミレーションします!

寸法を測る。

①寸法を測る。

収納したい場所の幅・奥行・高さを測ります。

ポイント
  • 寸法を測る時は扉付き収納の場合、扉の内側にある蝶番から寸法を測りましょう。
図を描いて全体を把握する。

②図を描いて全体を把握する。

方向性・イメージが固まったら、具体的な設計図を書きます。

ポイント
  • 収納ケースに何を入れるかも書いておきましょう。

組み立てスタート

カラーボックスのパーツを確認する。

【カラーボックスの組み立て手順】
③カラーボックスのパーツを確認する。

ポイント
  • 開梱後、カラーボックスの全パーツがあるか確認します。
④棚板と側面板を垂直にして組み立てる

④棚板と側面板を垂直にして組み立てる。

ポイント
  • 棚板と側面板を垂直に合わせて、ネジ留めします。
天板と横板を垂直に組み合わせる。

【スタックボックスの組み立て手順】
⑤天板と横板を垂直に組み合わせる。

ポイント
  • スタックボックスも、パーツの確認をしてから組み立てます。電動ドライバーを使えば、簡単に組み立てられます。
付属のビスで固定。

⑥付属のビスで固定。

ポイント
  • 今回はボックスを積み重ねて使うので、付属のビスでボックス同士がずれないように固定します。簡単に取り付けられます。
ウッドトップチェストは組み立ていらず!

⑦ウッドトップチェストは組み立ていらず!

ポイント
  • ウッドトップチェストは箱から出して、そのまますぐに使えます。

子供が自分で身支度できる押入れ収納

after 収納スペースが倍増!生活感を抑えたダイニングスペースに

子供1人で朝の身支度コンプリート!

子供1人で朝の身支度コンプリート!

実際に収納してみると・・・

実際に収納してみると・・・

押入れの扉を開けば、お母さんの趣味の手芸の世界が広がる

BOXでそれぞれのゾーンを明確に。自分のモノは自分で管理できる収納ラックが完成
  • 子供1人で朝の身支度コンプリート!

    ①押入れ中段の奥には、お母さんの手芸用品をカラーボックスに収納。毎日使うわけではないので奥に収納。
    柄や素材などが、押入れの扉を開ければズラッと並ぶ。いつでも眺めることができて、使いたい時にすぐに布を取り出せられるように収納。

  • 子供1人で朝の身支度コンプリート!

    ②押入れ中段の手前には、よく使うものをフラップボックスに収納。

押入れ横に、お子さん専用のスペースを作ることで身支度やるきUP!

お子さん専用のスペースを作ることで、身支度やるきUP!
  • お子さん専用のスペースを作ることで、身支度やるきUP!

    ウッドトップチェストには、引き出し1段で全身コーディネートができるように収納。シャツ・パンツなどたくさんのアイテムがある分、カゴを使ってカテゴリー分け。

  • お子さん専用のスペースを作ることで、身支度やるきUP!

    引き出しが軽いので、お子さんでも簡単に開け閉めできる。

  • お子さん専用のスペースを作ることで、身支度やるきUP!

    スタックボックスにはラベルを貼って、定位置決め。自然と元の位置に戻す習慣にも。

ビフォーアフター
before画像
before
after画像
after

収納達人が教える!解決テクニック

大原 友美さん

お子さん1人で身支度できるようにするには、ワンアクションでモノを取り出せることが大切です。今回は押入れの中に収納するのではなく、あえて押入れの外にお子さん専用スペースを設けました。そうすることで押入れの扉を開けて、引き出しを開けて・・・という手順を踏まずにワンアクションで取り出せます。 また、押入は空間を上手に使うことがポイントです。お母さんの手芸用品は、使用頻度が低いので奥側に収納し、使うときにサッと取り出せるようにカラーボックスを使っています。押入を開けたときに、いつも大好きな材料が見渡せる!というところがポイントです。

お客様の感想

息子は、収納ボックスにラべリングされた自分の名前を見つけて「○○のだー!」と大喜び。その日から、保育園カバン、服の準備は自分でできるようになりました。場所を明確に、簡潔にすることは効果的ですね。そして、どうしたらもっと準備しやすいか、2人で相談しながら試行錯誤しているところです。年長さんの間に、洗濯物をたたむ→引出しにしまうまでできるといいな~と思っています。 私(ママ)の趣味の手芸用品は、押入を開いては布の壁(壁付のカラーボックスに収納された布たち)を眺めて、早く形にしたいなーとワクワクしています。

編集部より

押入れは奥と手前のそれぞれのスペースに分けると、たくさんモノを収納できて使い勝手もよくなります。押入れの中だけでムリに完結させるのではなく、お子さんの背丈に合った収納スペースを作ることもポイントです。人・モノ・スペースの3点のバランスを考えましょう。また引き出しの開け閉めがしやすいチェストなど、使い勝手の良い収納を選ぶことも大切なこと!これでお子さんの自立、第一歩ですね。

使用アイテム ※アイリスプラザに移動します。

アドバイザープロフィール

大原 友美
大原 友美

整理収納アドバイザー1級。親・子の片づけマスターインストラクター。Smart Life Style 主宰。
愛知県・岐阜県などの東海地区を中心に整理収納のセミナー・講座、個別宅訪問で「整理収納サービス」など活動中。自身が片づけが苦手だったこと、3人の子育て中という経験を活かして、苦手な方でも片づけていけれるようにご提案しています。企業、自治体、PTA講座など幅広く活動中。

ウェブサイト

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      新着コンテンツ

      アクセスランキング

      clear

      カテゴリー

      キーワード

      コンテンツ