キッチン(台所)の場所別収納術アイデア サっと出してパっとしまって、手際よく楽しい料理♪

キッチン(台所)には、食材や調味料、調理器具など収納するモノがたくさんあり、しかも形も大きさもさまざま。限られたスペースで、たくさんのモノをどう整理すればいいかわからない…、食材や調理器具を使いたいときにすぐに取り出せない…など悩みは尽きませんよね。 そこで今回は調理台まわりなど、整理するポイントを場所別・アイテム別にご紹介!役立つアイデアを参考にして、快適なスペースに変えてみましょう。

Original.png?jp.co

目次

    キッチン(台所)収納のNGチェック

    キッチン収納のNGチェック

    突然ですが、
    あなたのお家のキッチン(台所)で、いくつ当てはまるでしょうか?

    • 調理器具、調味料がごちゃついて片づかない
    • お米・ペットボトル・買い物のストックなどを床に置きっぱなし
    • シンクに汚れた食器や三角コーナーの生ゴミを放置している
    • 冷蔵庫が片付かず、食材を使い切れていない

    1つ以上チェック項目があった方は、快適なキッチン(台所)とは言いきれません。キッチン(台所)のお片づけや掃除が行き届いていると、時短料理ができて余った時間を有効活用できることも!
    ちょっとした工夫やアイデアを活用して、楽しく料理ができるキッチン(台所)スペースに変えていきましょう。

    キッチン(台所)もの別収納術アイデア

    ゴミ袋・レジ袋の収納術

    オープンタイプのボックスを使って収納
    オープンタイプのボックスを使って収納

    ゴミ袋やレジ袋はごちゃつきやすく、生活感も出やすく収納に悩む一つ。そこで、オープンタイプのバスケットに収納すると、生活感を抑えて見た目もスッキリな収納に早変わりします。

    また籐などのカゴは、シンプルなデザインの「メタルラック」との相性抜群!

    食器類の収納術

    よく使うお皿の収納テクニック
    よく使うお皿の収納テクニック

    お皿を何枚もの重ねてタワーのように収納していませんか?一番下のお皿が取り出しにくく、時にはお皿を割ってしまったなど苦い経験をした方も中にはいますよね。 そこで、コの字ラック(ダブルキャビネットシェルフ)を使ってスペースを有効活用しましょう。

    ポイントは、同じ種類・同じサイズのお皿を数枚だけ重ねるようにしましょう
    縦の空間も有効活用でき、お皿が数枚重なっているだけなので、一番下のお皿が取り出しにくい・・・という悩みも解消できますよ。

    小皿やグラスの収納テクニック
    小皿やグラスの収納テクニック

    小皿やグラスなども同じ用途、同じ種類の食器は、カゴやトレーにひとまとめにして入れておくと、サッと迷わず出し入れがスムーズになります。

    洗い終わった後は、トレーをキッチン台に置いておけば食器棚に一気に収納することができます。食器棚に1つずつしまう手間が省けて、時短になりますよ。

    調味料の収納術

    調味料の収納術

    みりんや塩といった調味料や油類は、ガス台(コンロ)下に収納しておくと、料理をしながらでもスムーズに取り出せられます。

    ポイントは、ファイルボックスやトレイにひとまとめにしておくこと。油類は油専用のケースに、調味料も専用ケースに収納することをオススメします。ケースを少し手前に引き出せば、すぐに取り出せて時短にもなります。

    万一、液漏れしていても、ケースを洗うだけなので掃除がラクになりますよ。

    紙袋を使って収納
    紙袋を使って収納

    紙袋も立派なゴミ袋・レジ袋収納に大活躍。紙袋の手持ち部分をカットして、ゴミ袋、レジ袋を折り畳んでそれぞれ紙袋に収納すれば、出し入れ簡単でスッキリした収納になります

    ほかにもシンク下の扉やガス台(コンロ)下の扉に、フックなどでミニカゴを取り付ければ、生活感を抑えて使い勝手の良い収納に早変わり。詳しくは100均グッズで便利収納の項目をチェック!

    キッチン(台所)場所別収納術アイデア

    キッチン・台所 場所別収納術アイデア

    引き出し収納、ガス台(コンロ)下、シンク下、冷蔵庫など、ごちゃついた場所をスッキリと清潔に保てるようにしっかりマスターしましょう!

    調理台下の引き出し収納術

    1段目

    使用頻度や大きさ別に分けて収納

    1段目
    2段目

    便利なツール、たまにしか使わないツールなどを収納

    2段目
    3段目

    仕切りカゴや箱を利用して、細かなグッズを収納

    3段目
    4段目

    深さを利用して、かさばるものや高さのあるものを収納

    4段目

    使用頻度やサイズごとに分けて引き出しの段数を変えたり、空き箱や空き瓶、ケースを活用して引き出しの中を仕切ることで、使い勝手が良くなります。

    調理器具などが出し入れしやすい、片付けやすい収納方法をみつけることで、料理の腕にも磨きがかかりますよ。

    シンク下の収納術

    観音開きタイプのシンク下には棚がなく、大きな空間が空いているだけなので、ボウルなどを収納しようとすると無駄なスペースができてしまいますよね。

    そんな時は、シンク下に「シンク下収納」などをセットして、収納スペース内を分割して使います。 そうすることで、シンク下の空間を縦にも横にも有効的に活用できます。

    またシンク下やガス台(コンロ)下の扉にボックスを取り付ければ、ゴミ袋・レジ袋やラップなどがスッキリ収まり、扉を開けた瞬間に何がどこにあるのか一目瞭然。しまう場所も迷わず家事動線も良くなりますよ。

    ガス台(コンロ)下の収納術

    観音開きの収納の場合、奥の方は手が届きにくくデッドスペースになりがち。奥のスペースまで有効活用できるような収納を意識しましょう

    持ち手がついているタイプのボックスなどに調味料を入れると、奥に入れたモノまで簡単に取り出すことができます!ほかにも、フライパン1つ1つの個別収納としても活用できますよ。

    ガス台(コンロ)下やシンク下は、特に湿気のこもりやすい場所なので、すのこなどを敷くとカビ対策にもなります

    ガス台(コンロ)下の収納術

    ガス台(コンロ)下には、ボックスの他にもスライド式のトレーが大活躍。奥にしまった調味料もトレーを引き出せば、ラクに取り出せるので家事動線を邪魔しません

    上段には使用頻度の高い調味料を収納して、下段にはゴミ袋やスポンジなどのストックなどを入れてもいいですね。

    壁面・吊り下げ収納術

    壁面・吊り下げ収納術

    フライパンや、まな板などのよく使う調理器具や調味料は、手の届く場所に出しておくのも一つの手です。壁面を活用してフライパンや、まな板などの調理器具を吊り下げておくと収納スペースを取らないので、調理の流れもスムーズになります。調味料は、マグネットタイプの入れ物がおすすめ。冷蔵庫やレンジフードなどに貼り付けて、場所をとらずに手元に置いておけるので便利です。ビンにマグネットを取り付けて手作りすることもできますね。

    壁面に取り付けるところがない場合は、簡単に自分で作る方法も!メッシュパネル・金具を壁に取り付けてS字フックを活用すれば、吊り下げ収納の出来上がり。

    また、吊り下げられない菜箸などは、立てて収納できるカトラリースタンドなどを活用しましょう。

    隙間の収納術

    隙間の収納術

    冷蔵庫と調理台、食器棚などの間にちょっとした隙間はありませんか?
    そんな時に役立つのが、メッシュラックです。冷蔵庫横、食器棚などの横に取り付けて、付属のフックやバスケットなどを組み合わせると、お玉やフライ返し、調味料がすっきり収納できます。
    両面に吊り下げられるのでより多くのものが収納できますよ。

    メッシュラックのほかにも、幅15pから選べるスペースフィットラックやメタルスリムなら、その隙間にピッタリかもしれませんよ

    冷蔵庫の収納術

    冷蔵室

    冷蔵庫には、形やサイズがバラバラの食材や使いかけの食材など、モノがたくさんあるため収納方法に悩んでいる方も多いはず。
    賞味期限が近いものはトレーにひとまとめにしたり、よく使う食材はトレーやカゴにまとめて目線の位置に収納したりすることで調理時間をグッと短縮できます

    野菜室

    入れ方によっては、無駄なスペースが多くなり、鮮度が落ちやすくなってしまう野菜室。
    野菜をごちゃごちゃとそのまま入れていくのではなく、野菜ごとに合った収納にしてみましょう。

    • ポイント1使いかけの野菜の収納(上段)
    • ポイント2野菜の形状ごとに収納
    • ポイント3ペットボトルを使った収納
    • ポイント4葉物野菜の収納
    冷凍室

    「冷凍だから、賞味期限はまだ大丈夫」と安心していませんか?安心していると、「いつ冷凍したのか分からない…。」なんてことに成りかねませんよ!
    効率よく食材を使えるように、冷凍室収納のポイントを押さえましょう。

    • ポイント1クリップを使った収納
    • ポイント2パッケージをはずす収納
    • ポイント3立てる収納
    • ポイント4使いかけの収納

    便利なキッチン(台所)収納スツール

    100均グッズで便利収納

    フック・ミニカゴを使って小物を収納

    ふきんや鍋つかみ、鍋敷きなど、軽い小物類の収納には、シンク下やガス台(コンロ)下の扉を活用しましょう。 扉にフックでミニカゴを吊るし、よく使うものを収納しておけば、いつでもサッと取り出せて便利です。
    ゴミ袋やレジ袋の収納にもおすすめですよ。

    ランチョンマットを使ってラップホルダーに変身

    ラップ類は、よく使うアイテムなので使いたいときにすぐに使える場所にあると便利。ランチョンマットを折って、画びょうでとめるだけで、ラップホルダーになります。

    仕切りカゴを使ってお弁当グッズを収納

    仕切り付きのカゴを使って、お弁当グッズを出し入れしやすく収納しましょう
    仕切りが可動するタイプもあるので、グッズの種類やサイズに合わせてしまうことができます。

    カラーボックスDIY 手作りキッチンラック

    カラーボックスはとっても便利な家具。組み立ても簡単、軽いので移動もラクラク! いくつかのカラーボックスを組み合わせて、オリジナルのシステム収納をつくっちゃいましょう!ぜひ、チャレンジしてみてくださいね。

    カラーボックス6つで食器棚に変身
    カラーボックス6つで食器棚に変身

    仕切り板付きのカラーボックスを計6つを組み合わせた食器棚のアイデア。汚れが目立ちにくい濃い木目調のものを選んだことで、落ち着いた雰囲気にまとまっています。
    カラーボックスは軽くて丈夫なので、引っ越し時でも移動らくらく。またオープンタイプの家具なので、お気に入りの食器を見せて収納できるところも魅力のひとつ

    使用アイテム
    カラーボックス(扉付きタイプ・オープンタイプ)
    カラーボックスでキッチンカウンターをDIY
    カラーボックスでキッチンカウンターをDIY

    カラーボックスをつなげてキッチンカウンターをDIY。ダークブラウンのカラーボックスに、白いカッティングシートと黒のマスキングテープを貼って色を変えたことで、シンプルなテイストのカウンターに早変わり。DIYすることで、お部屋にあった好みのカウンターに

    使用アイテム
    カラーボックス、カッティングシート、マスキングテープ
    扉付きボックスでおしゃれに隠して収納
    扉付きボックスでおしゃれに隠して収納

    キッチンカウンターの下にカラーボックスを置いて、人から見られたくない生活用品を収納。ごちゃつきを隠したい場合は、インナーボックスを取り付けたり扉付きタイプのものを選べば、中身が見えない収納に!フランスのアパートのロッカーをイメージされたキッチン・ダイニング。

    使用アイテム
    カラーボックス、べニヤ板、蝶番、金具

    まとめ

    いかがでしたか?ポイントを押さえておけば、見た目もスッキリ、使いやすいハッピーキッチン(台所)に変身するはず!上手な収納アイデアを真似して、素敵なキッチン(台所)を目指してみてくださいね。

    clear

    カテゴリー